ニュースウィークの記事フェースブックがあなたを負け犬にするは、フェイスブックのちょっと寂しい、しかし真実の一面を捉えています。

記事は「他人は幸せそうに見え、自分は不幸だと思いがち」という人間の傾向を紹介し、フェイスブックで友達がパーティで楽しそうにしている様子などを知り、自分はなんてさえない日々なんだと落ち込むというような内容です。

なかなか面白いのは「フェイスブックはその人の最もきらびやかな一面しか映していないのに」というようなくだりです。

たしかに、フェイスブックに写真を載せたりするのはなにかのイベントの時が多く、写真も最も華やかなものを選びがちだと思います。

フェイスブックはある意味で自分のまわりを映し出しているかも知れませんが、それがすべてだと思わないことも大事でしょうね。

ただ、「もっと落ち込むのはそこに自分がいない時」ではないでしょうか。フェイスブックでリアルの友達がみな楽しそうなイベント(バーベキューでもコンパでも)に参加していたことを知ることはなんともつらいような気がします。”いいね”ボタンを押すのも少し気がひけるかもしれません。



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方