The biggest mistakes you can make on Facebook pages(Facebookページでやってしまいそうな失敗)で企業Facebookページ担当者が気をつけるべきことが紹介されています。

アメリカの事例ですが、日本の企業Facebookページ担当者の方にも参考になると思いますので、簡単な日本語で紹介させていただきます。

1. どれくらいの頻度でウォールにポストすればいいのでしょうか
ファンにとって、あなたのポストがスパムと思われてはいけません。1日1件がよいペースではないでしょうか。
*気をつけたいのはポストするタイミング(時間帯)です。ユーザーのウォールはどんどん流れていきます。Facebookインサイトを利用すれば、どのポストがどれだけ見られたかが分かりますので、あなたのユーザーがよく見てくれる時間帯を探して、その時間帯にポストするようにしましょう。

2.同じキャンペーンを何度もポストしていいのでしょうか
訴求したいキャンペーンは何度もポストするべきというソーシャルメディア・マーケッターもいるようですが、同じ内容を何度もポストすることは避けたほうがいいでしょう。どうしても押したいキャンペーンであれば、ポストのコメントなどを変えるなどの工夫をしましょう。

3.ファンと議論するほうがいいのでしょうか
ネスレのキットカットのケースを持ち出すまでもありませんが、ファンとの議論は慎重にするべきです。

4.ネガティブなコメントは削除していいのでしょうか
これまたキットカットの失敗に学ぶべきことですが、ネガティブなコメントは削除するよりもルールを設定することを考えましょう。

5.どれくらいの間隔でポストすればいいのでしょうか
企業ソーシャルメディア担当者は忙しいこともあるのでしょうが、1日に2つポストしたいことがある場合、連続してポストすることがあります。しかし、ファンにメッセージを届けてアクション(いいねボタンを押してもらったり)を取って欲しいのであれば、ある程度の間隔はあけるべきでしょう。

6.どんな内容をポストすればいいのでしょうか
Facebookを利用して自社ウェブサイトへのアクセスを増やしたいと考えている企業は多いと思います。でも、URLだけポストしてもユーザーはアクションを起こしません。写真やメッセージをちゃんと提供しましょう。

7.写真などをポストする時にも、メッセージは必要でしょうか
リンクや写真、ビデオをポストするときも、説明メッセージはちゃんと書きましょう。グーグルの検索結果でも、タイトルだけでなくディスクリプションをちゃんと書いていることで、ユーザーはクリックする気になるものですから。

8.ファンには返事するべきでしょうか
Facebookの魅力はコミュニケーションですから、返事はするべきだと思います。

9.返事はすぐにするべきでしょうか
ユーザーは返事を期待していますが、単に返事を期待しているだけではなく、早く返事をもらえることを期待しています。できれば6時間以内には返事をしましょう。

10.ランディングページは利用するべきでしょうか
Social Bakersが、これから毎週、Socialbakers Page Analyticsを利用して成功例、失敗例を紹介していくそうです。



関連記事

関連記事





Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方