iPhone5sを購入された方、もしくはiOS7にアップデートしたユーザーの中にはiPhoneのカレンダーに日本の祝日がなくて不便だと思っている方も少なくないと思います。

デフォルトだとこんな感じで日本の祝日が全く反映されていません。

iOSカレンダー

そこで、iPhone(iOS7)のカレンダーに海の日や秋分の日などの日本の祝日を反映させる方法をご紹介します。

1. 祝日をダウンロードします

iPhone5sなどのiOS7端末から直接リンク「iPhone(iOS7)のカレンダーに日本の祝日を反映させる」をクリックしてください。

2. 確認画面が出ますので照会をタップしてください

日本の祝日を反映

これだけで日本の祝日のインポートは完了ですが、「イベントを表示」をタップすると実際にカレンダーに反映されているかを確認できます。

祝日を表示

3. 日本の祝日が表示されます

例えば2013年10月のカレンダーを見てみると10月14日が祝日ということがわかります。祝日の表示が小さな丸だけなのでちょっとわかりにくいですが。

体育の日

1か月カレンダーだと何の日かわからないので、14日をタップしてみると体育の日ということがわかります。

カレンダーで祝日を表示

iPhone5s/5c用モバイルバッテリー

充電を忘れたり、外出先でバッテリーが切れた場合でも、iPhone5sの充電器を持っていれば安心です。

cheero Power Plusは、かわいいデザインですが、10400mAhと大容量のモバイルバッテリーで、iPhone5sのバッテリー容量が1560mAですから6回以上、フル充電できます。ただ、大容量ですから重量が258gとiPhone5sの倍程度ありますんでポケットにいれて持ち歩くというよりは鞄にいれることになると思います。
→ Amazonから46%オフのcheero Power Plusをチェックしてみてください。
小型のモバイルバッテリーがよいというかたはANKER Astro M1モバイルバッテリー を検討してみてはいかがでしょうか。
小型といっても5200mAhですからiPhone5sを3回充電できます。また、iPadやAndroidも充電可能です。
→ Amazonから69%オフのANKER Astro M1モバイルバッテリーをチェックしてみてください。

→ iPhone5S 使い方 初心者・入門編



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方