facebook

日本におけるFacebook元年といわれた2011年も、早いもので後10日余りを残すのみとなりました。
映画「ソーシャルネットワーク」にはじまり、日本人ユーザーが500万人を突破するまで普及し、多くの企業・ブランドがFacebookページを開設した年でした。

日本のFacebookの特徴は企業・ブランドページに多くのファンがついていることにあります。諸外国のFacebookページで人気なのは、ミュージシャン、俳優、アスリート、政治家など”人”であるのに対して、日本の場合はFacebookページ上位に多くの企業・ブランドページがランクインしています。

まだまだ企業はFacebookページの活用方法については試行錯誤の段階だと思いますが、情報をユーザー、特に企業・ブランドに好意を持っているファンに伝えるという機能に関してはFacebookページはかなり有効な手段となるということが見えてきています。

例えば、総合ランキング1位に輝いたANAは、32万人ものファン・ネットワークを形成しています。仮にリーチが3分の1でも10万人に情報を自由に伝えることができる伝達網を運営費を除けばコストなしで確保できる環境を1年間で構築したことになります。これは、すごい資産ではないでしょうか。

ただ、今年はFacebookページを開設するだけで社内的にもOKな空気だったと思いますが、2012年はもう少し突っ込んだ数字が問われるようになると思われます。つまり、Facebookが単なるブームで終わらずに2012年も活性化するためには、企業担当者はFacebookページの価値を測定し、社内外にビジネス価値を証明していかなければいけないと思われます。

そこで、Facebookページの数値化の参考となるように、総合部門、ファン数部門、いいね数部門、コメント数部門、投稿数部門、エンゲージメント率部門の6部門について2011年の日本語Facebook企業ページの年間ランキングを調査、集計いたしました。

なんらかの参考になれば幸いです。

調査方法は、Facebook Graph APIを利用して2011年1月1日から2011年12月17日までの日本語Facebook企業、ブランドページのデータを取得し、集計を行いました。

2011年総合部門ランキング

栄えある2011年総合部門ランキング第1位はANAさんでした。ANAさんは日本の企業としては早い時期からFacebookページを開設し、定期的に情報を提供しています。ファン数では、ANAさんは第4位だったのですが、投稿に対する共感を多く得た結果、総合1位となりました。
発信者の”顔”見えたほうが好感が持たれるというソーシャルメディアの特性を掴み社員発のコンテンツを積極的に活用するというスタイルを確立したのもANAさんだったかと思います。

総合部門は、2011年に獲得したファン数、投稿に対するいいね!、コメント数の合計で決定しました。総合部門の評価をどのしようかと検討した際に、やはり”多くの人に伝わった。共感された。”というのが大きな評価軸だと考え、1年間で得たファンと反応(エンゲージメント)を、単純に積算することにしました。

1位. ANA 2位. JAL 3位. スターバックス
ana JAL スターバックス

 

順位 ページ名 総合点 ファン数 いいね!数 コメント数
  ANA.Japan

685,341 323,361 331,681 30,299
  JAPAN AIRLINES

537,687 225,311 291,888 20,488
  スターバックス コーヒー ジャパン Starbucks

506,958 394,802 105,712 6,444
  Uniqlo

500,417 410,203 85,540 4,674
  無印良品

487,287 339,458 137,572 10,257
  au by KDDI

338,513 302,803 32,360 3,350
  ローソン(LAWSON)

309,028 193,040 106,549 9,439
  楽天市場(Rakuten, Inc.)

296,356 238,232 54,817 3,307
  NTTドコモ(NTT DOCOMO)

231,065 183,292 43,772 4,001
  Sony (Japan)

184,905 140,243 41,039 3,623

 
→ 総合部門ランキング100位までをご覧いただけます
 

2011年ファン数部門ランキング

ファン数部門、第1位はユニクロさんでした。ユニクロさんは、Facebookのみならずソーシャルメディア全般、スマートフォンアプリなど新しいメディアを積極的に活用している企業というイメージがありFacebook登録したらまずいいね!を押すページとして認知されていたことや、開始時期も早かったことなどが要因だと思います。2位以下もスターバックスさん、無印良品さんなどリアルの世界で高いブランド力を誇る企業が続いていることから、ソーシャルとリアルは密接に関連していることが伺えます。

1位. ユニクロ 2位. スターバックス 3位. 無印良品
ユニクロ スターバックス 無印良品

 

順位 ページ名 総合点 ファン数 いいね!数 コメント数
  Uniqlo

500,417 410,203 85,540 4,674
  スターバックス コーヒー ジャパン Starbucks

506,958 394,802 105,712 6,444
  無印良品

487,287 339,458 137,572 10,257
  ANA.Japan

685,341 323,361 331,681 30,299
  au by KDDI

338,513 302,803 32,360 3,350
  楽天市場(Rakuten, Inc.)

296,356 238,232 54,817 3,307
  JAPAN AIRLINES

537,687 225,311 291,888 20,488
  ローソン(LAWSON)

309,028 193,040 106,549 9,439
  NTTドコモ(NTT DOCOMO)

231,065 183,292 43,772 4,001
  Tポイント

167,770 155,575 11,622 573
 
→ ファン数部門ランキング100位までをご覧いただけます

2011年いいね!数部門ランキング

1年間で投稿に対するいいね!を最も集めたページはANAさんでした。2位のJALさんは開始時期がANAさんより数ヶ月遅かったためにANAさんには及びませんでしたが、ファン数当たりのいいね!数ではANAさんを上回ってました。来年も、航空両社の良いライバル関係は続きそうですね。

1位. ANA 2位. JAL 3位. 無印良品
ana JAL 無印良品

 

順位 ページ名 総合点 ファン数 いいね!数 コメント数
  ANA.Japan

685,341 323,361 331,681 30,299
  JAPAN AIRLINES

537,687 225,311 291,888 20,488
  無印良品

487,287 339,458 137,572 10,257
  ローソン(LAWSON)

309,028 193,040 106,549 9,439
  スターバックス コーヒー ジャパン Starbucks

506,958 394,802 105,712 6,444
  Uniqlo

500,417 410,203 85,540 4,674
  楽天市場(Rakuten, Inc.)

296,356 238,232 54,817 3,307
  H.I.S. Japan

139,590 84,717 51,229 3,644
  伊勢丹 グルメ / ISETAN

59,805 11,631 46,263 1,911
  Honda 本田技研工業(株)

115,936 68,490 44,711 2,735

 
→ いいね!数部門ランキング100位までをご覧いただけます

2011年コメント!数部門ランキング

上位4社(ANA、JAL、無印良品、ローソン)はいいね!数部門と同じですが、特徴的なのは5位にストライド ヤバーランドさん、7位に伊藤ハムさんがランクインしたところです。この2つのページはキャラクターを採用しており、語り口調の投稿が多いことがコメントを誘発したのではないでしょうか。

1位. ANA 2位. JAL 3位. 無印良品
ana JAL 無印良品

 

順位 ページ名 総合点 ファン数 いいね!数 コメント数
  ANA.Japan

685,341 323,361 331,681 30,299
  JAPAN AIRLINES

537,687 225,311 291,888 20,488
  無印良品

487,287 339,458 137,572 10,257
  ローソン(LAWSON)

309,028 193,040 106,549 9,439
  ストライド ヤバーランド

85,443 66,552 12,058 6,833
  スターバックス コーヒー ジャパン Starbucks

506,958 394,802 105,712 6,444
  伊藤ハム / ITOHAM FOODS inc.

65,166 16,732 42,174 6,260
  Uniqlo

500,417 410,203 85,540 4,674
  iida

78,079 41,360 32,715 4,004
  NTTドコモ(NTT DOCOMO)

231,065 183,292 43,772 4,001

 
→ コメント数部門ランキング100位までをご覧いただけます

2011年投稿数部門ランキング

投稿数部門ランキングはこれまでとは違う顔(ページ)が多くランクインしています。第1位は楽天市場さん、2位はHMVさん、3位はユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシングさんでした。10位までのページはいずれも470回以上の投稿を行っており、1日1回以上の投稿していることになります。

1位. 楽天市場 2位. HMV 3位. ユナイテッドアローズ
rakuten hmv ユニイテッドアローズ

 

順位 ページ名 投稿数 いいね!数 コメント数 エンゲージメント率
  楽天市場(Rakuten, Inc.)

968 54,817 3,307 0.03%
  HMV JAPAN (HMVジャパン)

499 21,544 1,395 0.06%
  ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング

498 8,739 418 0.13%
  東急ハンズTokyuHands

498 33,963 2,414 0.06%
  ストライド ヤバーランド

497 12,058 6,833 0.06%
  PUMA Japan

497 4,829 56 0.09%
  Sony Music Japan International

496 1,753 89 0.05%
  無印良品

494 137,572 10,257 0.09%
  Gap Japan

492 15,237 606 0.03%
  レノボ・ジャパン株式会社

476 5,205 579 0.11%

 
→ 投稿数部門ランキング100位までをご覧いただけます

2011年エンゲージメント率部門ランキング

エンゲージメント率部門、第1位はチロルチョコさんでした。特徴は、2位から4位までシトロエン、プジョー、メルセデス・ベンツと外資系自動車会社がランクインしていることが挙げられます。

なお、お断りしなければいけないのは、エンゲージメント率は、投稿時点のでファン数を把握していないため、正確な数値とはいえないため参考値として捉えていただきたいということです。本来であれば、1月1日の時点で100人のファンであれば、エンゲージメント(いいね!とコメント)数を100人で割らなければいけないのですが、12月17日時点のファン数を利用しているため、実態より低くなっております。また、ファン数が増加したページほど、エンゲージメント率が低くなる傾向にあることを留意ください。

1位. チロルチョコ 2位. シトロエン 3位. プジョー
チロルチョコ シトロエン プジョー

 

順位 ページ名 投稿数 いいね!数 コメント数 エンゲージメント率
  チロルチョコ株式会社

95 10,915 1,075 1.87%
  シトロエン

69 8,529 541 1.77%
  プジョー

106 17,459 596 1.32%
  メルセデス・ベンツ日本/Mercedes-Benz Japan

249 16,469 637 1.22%
  キリン 午後の紅茶

58 5,097 285 1.2%
  Carlsberg Japan カールスバーグ

46 6,543 348 1.16%
  GUINNESS – THE PUB – [ギネス公式ページ]

105 13,622 1,160 1.08%
  ミニストップ(MINISTOP)

177 13,940 616 1.03%
  ENEOS(JX日鉱日石エネルギー)

64 4,412 107 0.98%
  ユニバーサル・スタジオ・ジャパン / Universal Studios Japan (USJ)

251 41,768 2,842 0.97%

 
→ エンゲージメント率部門ランキング100位までをご覧いただけます



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方