ニールセンfacebookデータ

全てのソーシャルメディアを合計してもfacebookの圧勝

ニールセンが四半期ごとに発表しているソーシャルメディア・レポートによると2011年5月にfacebookにログインしたユーザーは1億4,000万人で2位のBlogger(5,000万人)の2.8倍、Twitter、LinkedInなどfacebook以外の全てのソーシャルメディアを合計しても1億1,951万人とfacebookには及びません。

Twitterが世界ユーザー1億人に到達したと言われますが、依然としてfacebookの一人勝ち状態と言えます。

facebook62%が女性ユーザー、男性はLinkedIn

日本ではまだまだ男性比率が高いとされるfacebookユーザーですが、USの場合、女性ユーザーが62%と男性を大幅に超えています。USでは他のソーシャルメディアでも女性のほうがアクティブということですが、LinkedInは男性ユーザーが多いようです。

滞在時間、モバイルユーザー数でも他を圧倒

2011年5月にfacebookでユーザーがすごした時間は8.9億時間(535億分)で2位のYahoo!(172億分)の約3倍でした。正直8.9億時間というのが、すごいのかよくわからないのですが、日本人が一ヶ月にテレビを見ている時間の合計が153億時間(*)と考えると、やはりテレビはすごいというか、facebookはまだまだ(?)というか。

facebookをモバイルで利用するユーザーは全ユーザーの約33%となる4,653万人で、これも2位のツイッター1,145万人の約4倍となっています。ただ、ツイッターユーザーは半数(48%)がモバイルユーザーと、モバイルユーザー比率ではfacebookを上回っています。

*人口(127,560,000)*平均視聴時間(4時間)*30日
*平均視聴時間はNHKの行った「国民生活時間調査」より

ここで紹介したデータのほかにも、最もソーシャルなユーザーはニューイングランドに住む18~34歳のアジア系の女性で大学を卒業していて、収入は5万ドル以下(どうやってしらべたんでしょう?)というデータや、機能別のモバイルユーザーデータ、高齢者のネット利用データなど興味深いデータが満載です。

日本版があれば面白いんですけどね。

また、今回の調査は2011年5月ということでGoogle+が含まれていません。次回の調査結果が楽しみですね。

Social Media Report: Q3 2011



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方