iPhone、iPad、Macなどアップル製品間で画像などのファイルをワイヤレスで転送できるAirDropはとても便利な機能なのですが、コントロールセンターから見えないようになっています。

でも、大丈夫。とっても簡単にAirDropをオン、オフできます。

1. コントロールセンターからセットワーク設定の部分を長押しします

2. AirDropをタップします

3. AirDropの設定を選びます

AirDropを無効にする場合は「受信しない」、連絡先に登録されている人とだけファイルのやりとりをする場合は「連絡先のみ」、誰とでもやりとりする場合は「すべての人」を選びます。

すべての人を選ぶのは、その場でちょっとファイル(写真)の交換をしたい場合がほとんどだと思いますので、ファイル送信が終わったら設定を変えることを忘れないようにしてください。



関連記事





Tagged with:
 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方