Samsungと言えば、Galaxyで世界を席巻しスマートフォンで世界シェア第1位に輝き、Android4.0を世界で初めて搭載したGalaxy Nexusを発表するなど、Androidスマートフォンの代名詞のようなブランドイメージをまとっていますが、Windows Phoneも手がけています。

しかし、どうしてもGalaxy(Android)に比べれば地味な印象が拭えないのですが、今回のWindows7.5 OS搭載のFocus Flashは性能もさることながら、挑戦的な低価格で話題になっています。なんと、価格は$49.99。日本円で言えば、3,900円。これは安い。

Focus Flash

スマートフォンの価格は、契約内容(しばり)によって本体価格は、あまり意味のないものになる可能性はありますが、発売早々にこの価格はやはりかなりインパクトがあるようで、アメリカでも話題になっています。



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方