ギリシアに続いて債務危機が伝えられるイタリアでベルルスコーニ首相への退任圧力が高まる中、自らFacebookで退任を否定しました。
共和党のニュート・ギングリッチ氏が、2012年のアメリカ大統領選に出馬することをFacebookとTwitterで表明するなど、政治家がソーシャルメディアを通じて、メッセージを伝えることは珍しいことではありませんが、G8の首相が、ソーシャルメディアで自らの進退についてコメントは発することは、やはりインパクトのある出来事だと思います。

ご存知のとおり、FacebookにはLike(いいね!)しかなく、Dislike(気に入らない)がないのですが、ベルルスコーニ首相のメッセージにはLikeを上回るコメントが寄せられています。ということは、恐らく、”やめて欲しい”という人のほうが多いのでしょう。

ベルルスコーニ辞任否定メッセージ

ところで、以下はベルルスコーニ首相のメッセージをFacebook、Googleの翻訳機能で訳したものですが、どう見てもGoogleの圧勝ですね。
早く、FacebookはMicrosoftとの提携を解除して、Googleとともによいサービスを構築できる体制になってくれたほうがいいのにと思います。まあ、当分はないでしょうが。

Facebook翻訳
ベルルスコーニ翻訳Facebook

Google翻訳
ベルルスコーニ翻訳Google



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方