Facebook版Adsense

Facebookは利用条件や、データ利用ポリシー、コミュニティ・ガイドラインなどをFacebook Terms and Policies Hubに集約するとともに、データの使用に関するポリシーの変更を予定(Propose)しています。(参考:Enhancing Transparency In Our Data Use Policy

Facebook Fleshes Out Privacy Policy To Comply With Data Protection Audits, Will Hold Q&A On Mondayによると、データ使用に関するポリシーの主な変更点(Proposed)は以下の3点です。

1. Facebookは、Facebook外のウェブサイトにおいても広告配信を目的にユーザーのデータを利用できることを明確に記述する

2. Facebookが改善目的のためにどのようにクッキーを利用しているかの詳細を説明(ただし、ウェブサイトの変遷はトラックしていない)

3. Facebookがどのようにユーザーのデータを必要に応じて保持するかを詳細に説明

Facebook版Adsense始まるか

もちろん注目点は、最初のFacebook外のサイトでも広告配信を目的にユーザーデータを利用できるという点です。

これにより、FacebookはGoogleのAdsenseのような広告配信ネットワーク・サービスを開始することが可能になります。

GoogleのAdsenseが埋め込まれたページの内容(テキスト)を元に掲載する広告を変更するのに対して、Facebookの広告は訪問したユーザーに応じて広告内容を変更することが可能になります。

Facebookは今週にもIPOすると言われており、今年(2012年)に入ってfMCを開催し、ニュースフィードやモバイル・アプリでの広告掲載を開始するなど広告販売に力をいれてきています。

実際にポリシーが変更されたとしても、いつ、どのような形式で広告が配信されるかは不明ですし、AdSenseのようなオープンな広告ネットワークではない可能性ももちろんあります。ただ、Facebook外でも広告を掲載できるようになると一気に広告配信量が増加することが予想され、収益改善も期待でますし、それこそが今のFacebookに必要なことだと思います。

GoogleはGoogle+でFacebookの領域(ソーシャルネットワーク)に進出してきました。Facebookが広告ネットワークの領域に進出しない理由はないように思われます。



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方