H&M Under Fire For Using Fake, Computer-Generated Modelsによると、H&Mがウェブサイト上で紹介しているモデルは、顔だけ実際のモデルのもので、体はCG加工されたマネキンを利用しており、そのことに対して非難の声が上がっているとのことです。

H&Mの広報担当者は、そのことを認めたうえで、”写真撮影の工数を省きたかったし、我々が売っているのはモデルではなく、衣服なので”と言っているそうです。言われてみれば、お店のマネキンに”どうして人じゃないんだ”と怒る人はいませんから、ただ一言、注意書きを入れておけば不要な非難を受けずに済んだかも知れないという教訓として紹介させていただきました。



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方