iPhoneはもちろんiPad、Apple Watch、AirPodsといったアップル製品を失くしてしまった場合、アップルが提供しているiPhoneを探すを使えば端末のGPS機能を元に場所を特定することができます。

iPhoneの電源がなくなったり、オフになっている場合は、最後の位置を送信されるようにも設定できます。なお、AirPodsなどのGPSを持っていない製品についてはiPhoneと最後に接続されていた場所の情報になると思います。

それではiPhoneを探すための設定方法と、万が一失くした時に探し方、紛失したiPhoneをロックする方法などを紹介していきます。

なお、iPhoneを探す機能はiCloudの機能になりますので、同じApple IDが登録された端末を探すことができます。またファミリー設定を行なっておくことで、家族のiPhoneがなくなった場合にも探すことができるようになります。

1. 設定を開き、Apple IDをタップします

ホーム画面の歯車のアイコンをタップして設定を開いて、自分の写真があるApple IDをタップします。

2. iClouodをタップします

iPhoneを探す機能はiCloudの機能になっているのでiCloudから設定をしていきます。

3. iPhoneを探すをタップします

4. 「iPhoneを探す」と「最後の位置情報を送信」をオンにします

これでiPhoneとiPhoneに接続されているApple Watch、AirPodsの所在地を確認したり、他の人がiPhoneを操作できないようにロックをかけたりできるようになりました。また、電源が切れそうになると最後の位置情報を送信するようにもなっています。

失くしたiPhoneを探す

iPhoneを探す設定が終わりましたので、失くしてしまった場合を想定してiPhoneを探してロックをかけてみます。

1. iCloudにログインします

MacなどでiCloudにウェブブラウザーからアクセスしてログインします。

2. iPhoneを探すをクリックします

3. iPhoneの場所が地図に表示されます

地図にはいくつかの緑色の丸が表示されており、それぞれiPhone、iPad、Apple Watchを表しているのですが、少しづつ離れた場所になっています。でも、実際は同じ場所にありましたので、やはり20〜30メートルくらいの誤差はあるのかなと思います。

緑の丸をクリックするとiPhoneのバッテリー残量などの情報を操作メニューが出てきます。

失くしたiPhoneをロックする(操作できなくする)

それでは落としてしまったiPhoneを他の人が操作できないようにロックしてみましょう。

1. 紛失モードをオンにします

2. 拾った人に電話をかけてほしい電話番号を入力します

当たり前ですが、紛失したiPhone以外の電話番号を入力してください。

3.メッセージを書きます

拾った人が見れるようにiPhoneのロック画面に表示されるメッセージを書きます。ここにeメールアドレスを書いてもいいかもしれません。

4.紛失モードになりました

iPhoneを拾った人にはこのようなロック画面が表示され、すぐに電話がかけられるようになりました。



関連記事





Comments are closed.