iPhoneで撮影した写真や動画をMacbookにAirDropを使って転送する方法をご紹介します。とっても簡単にワイヤレスで、転送できるのでオススメですが、セキュリティ設定には注意ください。

1. FinderからAirDropを選びます

Finderを開いて左のナビゲーションからAirDropを選びます。もし、ここにAirDropが表示されていない場合は、Finderを開いた状態で上のツールバーから「移動」-「AirDrop」を選んでください。

このMacを検出可能な相手を「連絡先のみ」か「全員」に変更してください。なるべく連絡先のみの方がいいですが、連絡先に登録されていない相手からサックっとファイルだけ受け取りたい場合は全員にして、転送が終わったらすぐに元に戻してください。

2. iPhoneで転送したい写真を選択して送信します

iPhoneで転送したい写真や動画を選んで共有を選ぶと、AirDropの所にMacbookが表示されますのでタップします。

3. 転送を受け付けるをクリックします

誰から何が転送されようとしているのか確認ダイアログが出ますので「受け付ける」をクリックしてください。

これで、ファイルの転送は完了です。



関連記事

関連記事





Tagged with:
 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方