G-FormのiPadケースであれば、宇宙から落としてもiPadは壊れないというプロモーション動画です。
G-Formはもともとは、スケートボーダーのための膝あてなどのメーカーで、ショックを吸収する技術をiPadケースに転換し、衝撃に強いことを特徴としています。

“バルーンで宇宙までいけるわけナイじゃんというツッコミ”もあると思いまし、実際、YoutubeやMashableの記事のコメントを読むと、宇宙というタイトルが正確ではないという趣旨の意見が多く見られます。ただ、相当な高さであることは間違いないありません。

同社のウリである”タフさ”を低予算で証明することという目的を果たしたという意味では、一定の評価をされてもいいのではないでしょうか。

ただ、製品の優位性という点では、こちらの60フィート(約18メートル)の高さからiPad2を画面を下にして落としても、画面が傷つかないという動画のほうがわかりやすいですね。

でも、1回目の他社のケースを試すために壊れたiPad2はもったいないですね。



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方