iPhoneのデフォルトブラウザーSafariで訪問履歴などの情報を保存するクッキーをブロック(許可しない)する方法をご紹介します。

1. Cookieをブロックをタップします

設定-SafariからCookieをブロックをタップします。

iphone6-cookie-block-02

2. どのレベルでクッキーをブロックするかを選択します

クッキーに対する扱いは4つのレベルから選択できます。上に行くほど強くブロックします。一番上は、全てのクッキーをブロックします。二番目は実際にアクセスしているページのクッキーのみを許可します。三番目は過去にアクセスしたことがあるページのクッキーも許可します。最後は、あらゆるクッキーを許可します。

二番目と三番目のクッキーがわかりにくいかも知れませんが、原則としてクッキーはアクセスしているサイト(ドメイン)のクッキーしか読み書きできません。しかし、ページが他のドメインのJavaScriptなどをページ内に記述している場合、他のドメインからもクッキーを操作できます。それを許可するかどうかが二番目と三番目の許可レベルになります。

iphone6-cookie-block-01

→ iPhone 8 初心者にもわかりやすい便利な使い方へ

iPhone8で使えるワイヤレス充電器

belkin Qi ワイヤレス充電パッド iPhone X / 8 / 8 Plus 対応 ワイヤレス 充電器



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方