iPhoneのバッテリーの減りが早くなったとか、急激に減るようになったとか感じたことはありませんか。iPhoneのバッテリーに限らずバッテリーというものは経年劣化します。

アップルの公式サイトによると以下のようにiPhoneを含むiOSデバイスの場合3年の使用をモデルとしているそうです。

環境 – よくある質問 – Apple(日本)より

”ユーザーによる使用をモデル化するためには、模擬的な使用シナリオのもとで稼働する製品の消費電力を測定します。日々の使用パターンは各製品に固有のもので、実際のユーザーとモデル化したユーザーのデータを組み合わせています。この評価では、1人目の所有者を基準にした使用年数を、OS XまたはtvOSを搭載したデバイスは4年、iOSまたはwatchOSを搭載したデバイスは3年にする控えめなモデルを採用しています。

Apple製品の多くは耐用年数がこれよりも大幅に長く、定期的なソフトウェアアップデートによって常に最新の状態に保たれ、1人目の所有者から別のユーザーに譲渡または転売されます。”

ただ、実際はもっと使えるということのようですが、私のiPhone6 Plusも購入から2年半にもなろうとしているところで、ちょっと気になりBattery Lifeというアプリでチェックしてみました。

まずは、バッテリーの磨耗状況がわかりやすく表示されます。状況は「良い」ということでした。

Iphone battery check

 

次にRAWデータでもう少し詳しくみてみます。チェックすべきは「容量」でこれがバッテリーの消耗状況を示しています。私のiPhoneの場合、満タンで2915充電できるところが2700までしか充電できないということを示しています。

Iphone battery check 03

 

予想稼働時間では、今のバッテリーでどれくらいiPhoneを使うことができるかの予測を教えてくれます。

 

Iphone battery check 02



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方