緊急SOSとはロックを解除しなくてもiPhoneの右横のボタンを5回連続で表示される連絡先です。

外出先なので事故や体調不良などに見舞われた時に、役に立つiPhoneの機能が緊急SOS、メディカルIDになります。万が一の時のために設定しておきましょう。

1. 設定から緊急SOSを選びます

2. ヘルスケアで緊急連絡先を設定を選びます

なぜか、この画面では上にボタンがついていますが最近のiPhoneはスリープボタンは右横についていますのでご注意ください。

3. メディカルIDを作成します

メディカルIDは、緊急時に医療関係者や周りの人にiPhone所有者の基本的な健康情報を表示します。

すでにメディカルIDを作成している人はこの画面は出ないと思います。

4. 緊急連絡先を追加します

表示したい健康情報を入力して緊急連絡先を追加します。

5. 連絡先(電話帳)から緊急時の連絡先を選びます

6. 連絡先との関係を選びます

7. これで緊急連絡先が追加されましたので完了を押します

なお、緊急連絡先は複数登録可能です。

8. 右側のボタンを5回押すとメディカルIDと緊急SOSが表示されます

10. メディカルIDを選ぶとiPhone所有者の情報が表示されます

11. 緊急SOSを選ぶと警察、海上保安庁、火事、救急車、救助の電話番号が表示されます

→ iPhone 8 初心者にもわかりやすい便利な使い方へ

iPhone8で使えるワイヤレス充電器

belkin Qi ワイヤレス充電パッド iPhone X / 8 / 8 Plus 対応 ワイヤレス 充電器



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方