月末に通信制限にあわないようにiPhoneのデータ通信関係の設定をチェックしパケットを節約するようにしておきましょう。

まずはみんなが使っているSNS、FacebookとTwitterの設定です。この2つのアプリはおそらく想像以上にパケットを食ってます。

1. Facebookの動画を自動的に再生しないようにする

やはり動画は多くのデータ通信を発生させるので、自動再生を停止(無効)にしておきましょう。なお、動画は自動的に再生されないだけでタップすれば再生されますので、見たい動画だか見ることができるようになります。

設定を開きます
facebook-movie-auto-01

動画と写真を開きます
facebook-movie-auto-04

自動再生を開きます
facebook-movie-auto-02

「WiFi接続のみ」か「動画を自動再生しない」を選びます
facebook-movie-auto-03

2. 次にTwitterの画像表示と動画の自動再生を停止にします

Twitterは動画だけでなく画像の表示の設定もできます。ここでは両方、無効にしていますが、画像を表示(プレビュー)したい方は有効にしておいてください(パケットは消費しますが)

プロフィール画面から設定を開きます
twitter-movie-auto-01

データを開きます
twitter-movie-auto-02

「画像のプレビュー」をオフにして「動画の自動再生」を開きます
twitter-movie-auto-05

「WiFi接続のみ」か「常にオフ」を選びます
twitter-movie-auto-04

3. データ通信の設定を見直しましょう

iTunes & App Storeの自動ダウンロードの「モバイルデータ通信」をオフにしましょう

iphone6-auto-download-01

App バックグランド更新をオフにしましょう
[設定」-「一般」-「Appのバックグランド更新」をオフにします。

iphone6-background-03

個別アプリで指定したい場合は、アプリごとにオフにしてください。

iphone6-background-01

4. データ通信量をアプリでチェックしましょう

My Data Managerのようなデータ通信管理アプリをインストールしてデータ通信をどれだけつかっているかを定期的にチェックしましょう。月単位はもちろん1日単位、1時間単位でデータ通信量を確認できます。

mydata-02

5. どのアプリが多くのデータ通信をしているかを確認しましょう

「設定」-「モバイルデータ通信」を見ればアプリ単位でどれだけモバイルデータ通信をしているかを確認できます。このデータにはWiFi接続分は含まれていません。場合によっては、アプリをアンインストールしたり利用を控えたりしましょう。

mobile-data-setting

→ iPhone 8 初心者にもわかりやすい便利な使い方へ

iPhone8で使えるワイヤレス充電器

belkin Qi ワイヤレス充電パッド iPhone X / 8 / 8 Plus 対応 ワイヤレス 充電器



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方