iPhone8にいれておくと日常生活ですぐに役立つ超便利なおススメのアプリを10個に厳選してご紹介します。

定番のアプリもありますが、きっと1つ2つは新しい発見があるはずです。

1. 雨雲レーダーがとても便利 Yahoo!天気

天気予報アプリはいろいろありますが、天気情報の種類、使いやすさでYahoo!天気アプリはおススメです。もちろん無料。1時間単位の天気のほか台風の進路などの情報も充実しています。そしてなんといっても雨雲レーダーが便利です。天気の怪しい花火大会の日など雲の動きをリアルタイムで見ることができるので、花火会場で雨が降るかをピンポイントで確認することができます。

yahoo-weather-02

2. 通信制限になりたくないあなたへ My Data Manager

どれだけデータ通信を使ったかを一目でわかるアプリです。毎月、通信制限に引っかかってる人はこのアプリでパケットの利用状況を確認し、通信制限にひっかからないようにしましょう。モバイル通信だけでなくWiFi、ローミングのデータ通信量も分かります。また一定のデータ量をつかったらアラートを出すこともできます。

mydata-02

3. オフラインでも使えるGoogle 翻訳

Google翻訳はオフラインで日本語から英語(日英)、英語から日本語(英和)テキストの翻訳ができるだけでなく、音声入力(会話モード)でも翻訳してくれます。さらにARを使えば実際の世界のテキストをリアルタイムで翻訳もしてくれます。

4. 電車の遅延情報をすばやくGETリアルタイム検索

リアルタイムの情報といえばTwitterですが、そのツイートをリアルタイムで検索できるアプリです。世の中の様々なトレンドをすぐに調べることができるのですが、なにが便利と言ってもやはり電車の遅延情報、電車が遅れると多くの人がツイートしてくれますから、色んな駅ごとの状況を確認することができます。また、登録したキーワードで通知もしてくれるので例えば「渋谷駅」と登録しておけばすぐに情報が連絡されてきます。

realtime-search-01

5. リアルの世界のモノのサイズを測ってくれるAR MeasureKit

AR MeasureKitはiPhone8(iOS11)のAR機能を上手に活かしたアプリで、現実社会のモノのサイズ(長さ)を測ってくれます。また、有料(400円)になりますがプロ版にすると立体サイズも測れるので、家の家具などの配置に役立ちそうです。

6. 街で流れる曲名を教えてくれる Shazam

スタバで流れる曲が気に入ってあとでダウンロードしたい、テレビで流れている曲名を知りたいと思ったことはみんなあると思います。そんな時に曲を聴いて曲名を教えてくれるのがShazamです。結構な雑音が周りにあふれていても曲を聴きとってくれる頼もしい音楽識別アプリです。

shazam-01

7. 今日も走るモチベーションを与えてくれる Nike+ Run Club

ランニングの定番アプリですが、やはり便利です。走った距離、時間、消費カロリーに加えてGPSによる走った道情報、その日の天気、気温などの情報を記録してくれます。数値化されると、今月はもっと走らないととか、前のジョギングより早く走ろうというモチベーションが湧いてきます。ランナーのレベルに応じたコーチング機能もあります。

nike-running-01

8. スターバックス ジャパン公式モバイルアプリ

Starbucks公式アプリを使うと支払いをアプリでできるだけでなくStar(ポイント)を貯めて商品と交換することもできます。

9. 為替計算アプリ Elk

Elkは為替計算を簡単にできるアプリです。Apple Watchでも利用できるので海外旅行先出の買い物の際にも簡単に円で言えばいくらかを確認することができます。

10. 簡単に家計簿をつけたいあなたにZaim

つけようつけようと思って続かないのが家計簿ですよね。毎月、支出ばかり増えて何に使ってるのかわからない状態に別れを告げるためのアプリが家計簿アプリZaimです。こまかい入力をしなくてもレシートのカメラで撮影すれば認識してくれる機能もあります。

zaim-02→ iPhone 8 初心者にもわかりやすい便利な使い方へ

iPhone8で使えるワイヤレス充電器

belkin Qi ワイヤレス充電パッド iPhone X / 8 / 8 Plus 対応 ワイヤレス 充電器



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方