1日中、iPhoneをいじっていて、自分でもスマホ中毒なんじゃないかと不安になったことありませんか?

実際にどれくらいの時間、アプリを触っているかを見れば、自制心が湧いてくるかも知れません。

そこで、iPhoneでどのアプリをどのくらいの時間、実際に使っているのかをチェックする方法をご紹介しますので、適度なiPhone利用のための参考にしてください。

1. 設定のバッテリーを選びます

2. 時計のアイコンをタップします

するとアプリごとのバッテリー消費量が24時間、7日間で確認することができます。(ポケモンGOはやはりバッテリー消費しますね)

さらに、右にある時計のアイコンをタップします。

3. アプリの下に使った時間が表示されます

アプリごとにどれくらいの時間使っていたかがわかります。時間は実際に使っていた時間(画面上)と、バックグランド(実際にアプリを使っているわけではなく、後ろ側で起動している時間)に分けて表示されます。

どうでしょう?

自分で思っているより、長い時間をiPhoneに使っているようでしたら、少しスマホを見ない時間を作るようにしてみましょう。

→ iPhone 8 初心者にもわかりやすい便利な使い方へ

iPhone8で使えるワイヤレス充電器

belkin Qi ワイヤレス充電パッド iPhone X / 8 / 8 Plus 対応 ワイヤレス 充電器



関連記事





Tagged with:
 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方