iPhone8/Xはワイヤレス充電が可能になりました。そこでワイヤレス充電とはどんなもので、どのように使うのかを初心者向けに紹介します。

ワイヤレスと聞くとWiFiなどを思い出し、どこにiPhoneを置いていても空気を伝わって充電できるのかと思うかもしれませんが、残念ながら違います。

このように充電器の上におく必要があります。ライトニングケーブルをさす必要がなく、接触させるだけなのでワイヤレス充電と言います。

ワイヤレス充電のいいところ

まずは、いちいちケーブルを刺さなくていいところが挙げられます。また、2018年に発売が予定されているAirPowerマットを使えば、iPhoneと一緒にApple Watchなどの複数の端末を同時に充電できます。

ワイヤレス充電の悪いところ

ワイヤレス充電はケーブル充電よりも、充電するのに時間がかかります。また、ワイヤレス充電器を別途、買わないといけません。

ワイヤレス充電をやるために必要な機器

iPhone8でワイヤレス充電を行うにはQi規格のワイヤレス充電器が必要になります。

mophie wireless charging baseBelkin Boost Up Wireless Charging Padというアップル公式サイトで紹介されている充電器がありますが、2017年9月時点では発売されていません。

ただ、アマゾンでは2,000円くらいでQi規格のワイヤレス充電器が販売されています。

→ iPhone 8 初心者にもわかりやすい便利な使い方へ

iPhone8で使えるワイヤレス充電器

belkin Qi ワイヤレス充電パッド iPhone X / 8 / 8 Plus 対応 ワイヤレス 充電器



関連記事

関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方