iPhone8/X (iOS11)では標準カメラアプリで撮影する写真(画像)のフォーマットとして高効率と互換性優先が選べるようになっています。

高効率で撮影すると写真はHEIF、動画はHEVCというファイル形式で保存されファイルサイズが小さくなります。

一方、互換性優先で撮影すると写真はJPEG、動画はH.264というファイル形式で保存されます。

デフォルトでは高効率になっています。これはアップルがiPhoneのストレージをあまり使わないようにするという判断からと思います。

ファイル形式を変更するには設定のカメラからフォーマットを選びます。

2つの形式から選びます。

HEIF形式に対応したGoogleフォトにアップロードしてファイルサイズを、高効率と互換性優先では確かにファイルサイズが小さくなっています。
赤線の上が互換性優先で下が高効率になります。

でも、ファイルサイズが小さくなってもMacなどに転送した時に見れなくなるのではと心配になるかもしれませんが、MacbookにAirDropで転送したところ、JPEGに変換されていました。

おそらくHEIF形式に対応していない機器に転送した場合、JPEGに変換されるようですので、デフォルトのまま高効率フォーマットにしておけば、iPhoneのストレージ容量の観点からはいいようです。

画質が違うんではないかという懸念があると思いますが、以下のサンプル写真を見る限り、あまり差はないような気がします。

→ iPhone 8 初心者にもわかりやすい便利な使い方へ

iPhone8で使えるワイヤレス充電器

belkin Qi ワイヤレス充電パッド iPhone X / 8 / 8 Plus 対応 ワイヤレス 充電器



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方