LINEから固定電話や携帯電話に直接電話をかけることができるLINE電話が利用できるようになりました。LINE電話の魅力は料金にあり、日本の固定電話への通話は1分3円、携帯電話の場合は1分14円とお安くなっています。電話料金の支払い方法は、前もってコールクレジットというものをGoogle Play経由で購入することになります。
なお、現時点(2014年3月17日)では、LINE電話が利用できるのはAndroidだけですが、iPhone版のリリースも予定されているようです。

また、iPod touchなどでFacebook認証で利用しているユーザーはLINE電話を利用することが出来ません。LINE電話を利用することでiPod touchを携帯電話の代替にしたいと思っているユーザーは注意が必要です。

1. LINE電話を起動します

LINEを新規インストールもしくはアップデートするとLINE電話のボタンが追加されていますので、タップして起動します。

2. 利用を開始します

最初に立ち上げた時には利用規約の同意画面が表示されますので、同意するのであればチェックをつけて利用開始をタップします。

3. コールクレジットを購入します

LINE電話を利用するにはコールクレジットを購入する必要があります。まずは画面の右上の設定をタップします。

コールクレジットを購入をタップします。

コールクレジットは100円単位で購入できます。支払いはGoogle Play経由で登録しているクレジットカードから引き落とされます。なお、LINEコインを使って電話をかけることもできます。

コールクレジットの有効期間は購入してから180日です。また、電話番号が変更になったり、機種変更した場合でもメールアドレスを登録しておくとコールクレジットの残高を新しい機種に引き継げます。ただし引き継げるのは同じOS間の端末のようで、AndroidからiPhoneなどほかのOS機種には引き継げません。

購入履歴をみると100クレジットと表示されており正しく購入できたことを確認できます。

4. 電話をかける

あとは普通の電話のように電話番号を押したり、電話帳から相手を選ぶことで通話することができます。
なお、LINE電話からドコモにかけた場合は電話番号が相手に通知されないけれど、auやソフトバンクにかけた場合には電話番号が通知されるということのようです。

通話がはじめるとクレジット残高と利用クレジット数が表示されます。

LINE電話の音のレベルですが、WiFiで通話した限りは高品質とまではいきませんが、問題なく聞き取れるレベルで通話することができました。



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方