EDGERANKCHECKERが、Facebookの新しいニュースフィードが導入されてfacebookページのインプレッションとエンゲージメントに関して1週間のデータを集計したところ、インプレッションは33%ダウンした一方で、いいね!もしくはコメントの数、いわゆるエンゲージメント率は17%アップしたそうです。

これは、facebookページのポストが友人のポストと比べ表示されにくくなった一方で、表示されたポストは関心が高い内容であったためいいね!ボタンを押したり、コメントを書いたユーザーが多かったことを示しています。

ニュースフィード変更の狙いは、ユーザーに関心のあるポストを優先して表示することにあったと思いますので、この数字を見る限り、目的を達成しているといえると思います。

ただ、EDGERANK CHECKERも言っていますが、調査期間が短期間なため、このデータをもって新しいニュースフィードの傾向を断定的に語ることは難しいと思いますので、あくまで参考程度に考えてください。

Impressions & Engagement 1 Week After Facebook’s New Hybrid News Feed



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方