ソフトバンクの高速データ通信サービス「ソフトバンク4G」が2012年2月24日からスタートしました。
4Gといっても、いろんな通信技術があるようでソフトバンクの4GはAXGP方式というウィルコムが展開を予定していた25GHz帯をつかったものだそうです。4Gとは別に技術規格ではなく、各キャリアごとに違う規格になります。

言いたいことは、3月7日に発表されるiPad3は4Gに対応するといううわさですが、LTEという形式なので、ソフトバンクの4Gでは対応できないということです。ちなみにauの4GもLTEではないため、auもiPad3を販売すると噂されていますが、auも高速通信に対応できない見込みです。

一方で、国内唯一LTEを採用しているドコモはiPad3を販売するという噂すらないという、日本ユーザーとしては「なんだかなあ」という状況です。

さて、前置きが長くなりましたが、一般ユーザーにとって気になるのは技術規格ではなく、要は「早いのか」、「どこでもつながるのか」、「安いのか」の3点かと思います。

ソフトバンク4Gは本当に速いのか

カタログスペックで言うとソフトバンク4Gの最大通信速度は下り76Mbps、上り15MbpsとNTTドコモのクロッシィ(75Mbps)を超え、現時点で日本最速になります。また、101SIのスペックが75Mbpsということで、ソフトバンク4Gのネットワーク環境としては110Mbpsになるそうです。

また、101SIは10台まで接続でき、5時間利用できるバッテリーを2つ備えており最大9時間利用できるそうです。

気になるのは実際にそんな速度がでるのかということですが、いくつかのレポートを見る限り「はまれば相当早い」そうで、川崎で27Mbps、有楽町で17Mbps、新宿で20Mbps出たとの話もあります。カタログスペックからすれば、低い数字ですが、相当早いことは間違いなく、実際に利用しているユーザーのレビューを見る限り4G接続できれば20~15Mbpsくらいで接続できそうです。この速度であればブラウジングはもちろん、YouTubeなどの動画もストレスなく見れることでしょう。

もっとも、現時点ではソフトバンク4G利用ユーザーが少ないことを留意しておく必要もあります。(ユーザーが増えれば、速度が低下することもありえます)

ソフトバンク4Gはどこでもつながるのか

現時点(2012年3月4日)では、「どこでもつながる」という状況では全くないようで、都内でもつながらないエリアは結構あるようです。ただ、2012年度中には全国政令指定都市での人口カバー率を99%にするということですので、徐々につながるようになるでしょう。

ただ、2012年年中のカバー目標はあくまで政令指定都市ですので、日本全国どこでもつなぎたいということであれば、UQ WiMAXなどのほうがエリアという意味では当面は優位になるでしょう。

詳しい通信エリアは、ソフトバンク4G対応エリアをご覧いただきたいのですが、なんとエリアは「2012年7月末現在のサービスエリア」となっています。注意書きで、”2012年7月末時点で利用可能となる予定のエリアである為、エリア内でも4Gサービスをご利用いただけない場合があります。”とありますが、今、2012年3月なのに、”7月末現在“といっている意味がよく分かりませんし、結局、今どのエリアがつながるのか分かりません。

ソフトバンク4Gエリア

ソフトバンク4G(101SI)の価格、月々料金

ソフトバンク4Gの月額料金は4Gデータし放題フラットで6,510円(通信料金5,985円+基本料金525円)ですが、2012年4月30日までは5,505円(通信料金4,980円+基本料金525円)だそうです。また、ソフトバンクのスマートフォンを利用しているユーザーであれば、スマホセット割で3,980円になるそうです。詳しくは、4Gデータし放題フラットをご覧ください。

ソフトバンク4GとWiMAX比較

やはり気になるのは他のデータ通信サービスとの比較だと思います。

高速通信として実績のあるWiMAXと比較してみますと、ユーザーレビューなどによると、(はまれば)速度ではソフトバンク4Gのほうが早いようです。ただ、月々の価格はソフトバンク4Gが5,505円(4月30日まで)に対してWiMAXは月3,880年と月1,625円も差があります。ソフトバンクのスマホユーザーであれば、価格差は100円ですが。

また、2012年10月以降の話ですが、月の通信量が5Gを超えると128Kbpsと劇的に遅くなるそうですので、ヘビーユーザーにとっては通信量に制限がないWiMAXのほうがよいかも知れません。

EMOBILE Pocket WiFi LTE(GL01P、GL02P)の通信速度とエリア、価格(月額料金) も読んで比較してみてください。





 

Comments are closed.