facebookインサイト

Facebookによって、どれくらいのアクセスを獲得できたか知りたくありませんか?

Facebookはソーシャル・ネットワークであり、多くのユーザとページをつなぐことにかけては現時点で世界最大のプラットフォームですが、情報自体はFacebookではなくウェブサイト、ブログに掲載しており、Facebookからはリンクを張っているケースは少なくありません。

また、ウェブサイトへのアクセス流入を目的としてFacebookページを運用されているウェブマスターの方も多いと思います。facenaviも、Facebookページ自体には情報はなく、ファンの皆さんに新規情報(ページ)を連絡する役割として活用しています。

そうした利用方法をしているウェブマスターにとって気になるのは、どれくらいウェブページ上でアクションがとられ、Facebookのウォール、ニュースフィードで表示されて、ウェブページにユーザーを連れてきているのかだと思います。

そんなウェブマスターのために、Facebookインサイトには、ウェブサイトとFacebookを連携され、どれくらい相互につながっているのかを確認できる機能が提供されていますので、まだ活用されていないウェブマスターはすぐに連携し、分析を行い、改善につなげましょう。

では、ウェブサイトとFacebookを連携させ、どのようにデータを取得できるのかをご紹介していきます。

ウェブサイトとFacebookページを連携させる方法

1. → Facebookインサイトに行きます
2. 「ウェブサイトのインサイト」(右上の緑のボタン)をクリックします
3. ドメイン(例:xxxx.co.jp)を入力します
4. リンク先を選択します
*リンク先の選択は分かりにくいかも知れませんが、FacebookユーザーもしくはFacebookアプリケーションとウェブサイトを関係づける必要があり、自分が管理しているFacebookユーザー・アカウントもしくはアプリケーションを選択する必要があります。
Facebookユーザー・アカウントの場合、自分になると思いますが、注意しなければいけないのは、ウェブサイトのトップページに自分のFacebook IDを埋め込むことになるために、ウェブサイトの管理者がちょっとスキルのある人には分かってしまうことです。
もし、ウェブサイトを管理していることを分かってほしくない場合は、アプリIDにするようにしましょう。
5. リンク先を選択すると「」というコードが表示されますので、コピーしてウェブサイトのトップページのHEADタグ内に埋め込みます。
6. 「インサイトを取得」ボタンを押します。

これで、ウェブサイトとFaebookページの連携は終了です。

ウェブサイトと連携

ウェブサイトとFacebookの連携状況を確認する方法

連携が成功すると、ウェブサイトとFacebookの連携状況の概要が表示されます。ただ、日本語が分かりにくいので、説明を加えさせていただきます。

サイトへの反応
サイトへの反応とは、いいね!やコメントなどウェブサイトに設置されたFacebookプラグインを通じて、ページにいいね!が押されたり、コメントが寄せられた回数に加えて、Facebook上で他のユーザーがサイトへのリンクを投稿した回数の合計になります。下の画像のケースでいうと、1,000回アクションがとられたことになります。

Facebook上の分布
Facebook上の分布とは、ユーザーのアクションによって、Facebook上でサイトのリンクが表示された回数になります。下の画像のケースでいうと、1,000回のアクションによってFacebook上(ウォール、ニュースフィード、プロフィール)で50万回表示されたことになります。

外部サイトへの参照トラフィック
外部サイトへの参照トラフィックとは、Facebook上で表示されたサイトへのリンクがクリックされた回数(Facebook経由でのアクセス数)になります。ここでいう外部サイトとは、あなたのウェブサイトのことを意味しています。下の画像のケースでいうと、5万アクセスがFacebook経由で発生したことになります。

さらにアクションの内訳(いいね!、シェア、コメント)を確認することも出来ます。

インサイト概要1

どのアクションが、どれくらいのインプレッションを生んだかも分かります。恐らく、多くのケースでいいねのほうが多く押されているにもかかわらず、シェアのほうが多くのインプレッションを生み出していると思います。これは、いいね!と違い、シェアされた情報(URL)は、全ての友達に表示されることに起因すると思われます。つまり、いいねとシェアでは波及力が全然違うのです。

インプレッション

どれだけのアクセス流入を獲得したかを日単位でチェックすることもできます。

アクセス流入数

ここで紹介した以外にも、4つのアクション(いいね、送る、シェア、コメント)ごとに、人口統計(年齢、男女比)、人気のページ(ページごとにアクションされた回数)、アクションごとのCTR(表示回数とアクション回数)など、さらに詳細なデータを利用することができます。

Facebookインサイトの使い方については、「新しいfacebook インサイト使い方 4つの効果測定指標でエンゲージメント改善」を参照ください。



関連記事





Tagged with:
 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方