Facebookアプリ高速化

2012年12月14日FacebookがAndroid端末向けアプリ(2.0)をリリースし、ニュースフィードとタイムラインの読み込みが早くなりました。
これまでFacebookアプリはHTML5を利用しており、そのことがアプリの速度に悪い影響を与えている(遅くなる)ということでiPhoneなどのiOS向けアプリはネイティブ化が既に行われており、Android向けも追ってHTML5からネイティブ化が行われることが予想されていましたが、Facebookのエンジニアのブログ(Under the Hood: Rebuilding Facebook for Android)によると、やはりAndroidアプリも今回のリリースによってネイティブアプリに移行したようです。

実際に、アップデートしてみましたが早くなっています。

→ Google Play Facebookアプリ

更新情報
友達とのやり取りがよりスピーディーに
• ニュースフィードとタイムラインの読み込みがスピードアップ
• タップで写真を開き、簡単に「いいね!」やコメントが可能に
• 新しいストーリーバーでは、更新しなくてもより多くのストーリーを閲覧可能



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方