iPhone5Sの発表を間近に控え、ドコモからiPhoneが販売されると日経と朝日新聞で報じられています。

iPhoneをドコモが取り扱う件は、これまでの何度となく報じられて来たにも関わらず実現していないので、われわれユーザーもにわかには信じられないのですが、今回はこれまで報じてきた日経に加え、朝日新聞も同時に記事を掲載している点、アップルもiPhone5が期待ほど台数が出ず、契約数6,000万件をもつドコモの販売力は魅力であることから課題であった販売台数目標についてドコモ、アップル双方に歩み寄りがあったのではいう点から、これまでよりは信頼性が高いのではないでしょうか。

販売時期は早ければ9月20日からと朝日新聞は報じています。

ドコモ、iPhone販売へ 今秋にも新モデル 米アップルと最終調整(日経新聞)

ドコモ、iPhone販売へ 早ければ20日から(朝日新聞)

さらに、2013年9月8日、日経新聞はNTTドコモの加藤薫社長がアップルの新製品発表会に参加するために渡米したと伝えています。これは期待できそうですね。

ドコモ社長渡米へ アップル発表会に参加



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方