Facebook Graph Search

2013年1月15日にFacebookは、人のつながりなどFacebook上の行動データを利用した新しい検索システム「Graph Search(グラフ検索)」を限定ベータ版として一部のユーザーに提供を開始しました。

現時点ではGraph Searchを利用できるのは英語(米国)のみですが、Google検索とはまったく違うフィルター(条件)で情報、特に人を検索できるということで、既に利用しているユーザーのネット上での評判は上々のようです。

一方で、このページの下でも触れていますが、プライバシー情報などを他人に探されるのは気持ちのよいものではないという声も当然出てきています。

Facebookも「グラフ検索のプライバシーについて」にてGraph Searchとプライバシー情報の関係について説明しており、対応方法も紹介しています。

Graph Search最大の特徴は「人探し」

Graph Searchの検索対象は人、場所、写真、趣味になりますが、最大の特徴は「人を探せる」という点にあります。同じ会社や学校の人を探すことはもちろん、「同じ会社でサッカーが好きな人」というような絞込みが可能です。

例えば、以下のような検索が可能で、文章で検索できるところも特徴となっています。

  • サイクリングが好きな同じ出身地の人
  • 友達がいったことがあるニューヨークのレストラン
  • 友達がいいねした写真
  • 同じ会社でサッカーが好きな人

Graph Searchのサンプル画面
Graph Searchサンプル

Facebook Graph Searchの使い方

Graph Searchはベータ版として公開されているので、利用したい場合はグラフ検索ページにてボタンを押して申し込みをする必要があります。ただ、現時点(2013年1月)の対象は英語(米国)となっていますので、日本のユーザーが利用できるようになるのはしばらく先になるかも知れません。

Graph Search申し込み

Facebook Graph Searchの使い方をご紹介しますが、私もまだベータ版が利用できないために、アメリカの既に利用できているユーザ(メディア)のブログや動画を使ってのご紹介になります。

The Vergeは動画でFacebook Graphの使い方を紹介しています。マストヘッドの左上(現行ではfacebookのロゴがある場所)にGraph Searchが配置されており、「近くのレストラン(restaurant nearby)」というフレーズで検索し、さらに「カフェ」や「バー」などの絞込みを行っています。ユーザー数が多くないということもあるでしょうが、キビキビと動作しており検索結果はすぐに表示されています。

ここまではGoogle検索でも検索できる情報ですが、次に「友達が好きな近くのレストラン」や「同じ職場で25歳以下の友達」というフレーズで検索しています。これはGoogle検索では無理な検索条件です。

Facebookページの左上の検索窓に「近くのアジアン・レストラン」を入力します

グラフ検索

検索結果を絞り込みます
また、以下ようなインターフェースで絞込み検索も可能のようです。場所であれば、タイプとして「レストラン」を選んで「どんな人が好き」で、「どこ」にあってなどの条件で絞り込めます。

絞込み検索

マーケティング活用も:スターウォーズファンはケンタッキーフライドチキンが好き

10 Things We Learned From Facebook’s Graph Searchによると「スターウォーズファンが好きなレストランは」で検索すると、ケンタッキーフライドチキンや、ディリークィーンが検索結果に表示されるそうです。

スターウォーズファンはケンタッキーが好き

また、アメリカのテクノロジー系情報ニュースサイト「Mashable」をいいねしている人の好きなレストランも分かります。

ということは、ある雑誌のファン(読者と想定される)の趣味趣向が分かるため、どのような広告をだすと効果的かが分かります。さらに、地域(例えばニューヨーク)別にユーザーの趣味趣向を収集することも可能でしょう。

Mashable社員が好きなレストラン

また、単純に興味のあることも調べることも出来ます。

例えば、アップル社員が好きなミュージシャンはDavid Guetta、Black Eyed Peasだそうです。

アップル社員が好きなミュージシャン

グーグル社員はPink Floyd、A.R. Rahmanが好きだそうです。

グーグル社員の好きなミュージシャン

思いがけずプライバシー情報が検索される可能性

「サイクリングが好きな同じ出身地の人」という検索結果には友達以外の人も表示されます。
(もちろん、サイクリングが好きという情報と出身地をパブリックに公開しているケースになりますが)

検索する側としては、多くの人が検索結果に表示されたほうが便利ですが、当然、他人に検索されたくない人もいると思います。

なお、Facebookも強調していますが、Graph SearchもFacebookの情報公開範囲内の情報しか検索できません。つまり、これまでパブリックに公開していない情報が検索結果にでることはありません。

ただ、これまであまり意識していなかったために、居住地や趣味などを公開しているケースがあります。

Graph Searchはまだ日本で展開されていませんが、いつ展開されるかは分かりませんので、今のうちに対応をしておきましょう。

→ グラフ検索のプライバシーについて

プライバシー設定についてのFacebook公式ビデオです。日本語字幕もあります。



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方