第2回はFacebook JavaScript SDKを利用してFacebookページの情報を取得します。
ここでは、Facebook Japanページをサンプルとして利用します。

1. JavaScript SDKを読み込みます。
JavaScriptによる開発チュートリアル第1回を参考にしてください。

2. Facebookページ情報を取得します。
FB.apiを利用します。最初に情報を取得したいFacebookページのパスを指定します。http://www.facebook.com/FacebookJapanであれば、/FacebookJapanになります。さらに今回はページのウォールに掲載されている書き込み(post)を取得したいので、/FacebookJapan/postsとします。
次に取得する書き込み(post)の数を指定します。今回は3つにしています。

function get_page_information(){
FB.api(‘/FacebookJapan/posts’, { limit: 3 }, function(response) {
for (var i=0, l=response.data.length; i<l; i++) {
var post = response.data[i];
if (post.message) {
document.getElementById(‘page_post’).innerHTML += post.message+”<br />”;
} else if (post.attachment && post.attachment.name) {
document.getElementById(‘page_post’).innerHTML += ”Attachment:” + post.attachment.name+”<br />”;
}
}
});
}


関連記事

関連記事





Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方