2012年6月8日、Facebook公式のアプリケーション紹介ポータル「アプリセンター」がオープンしました。

→ Facebookアプリセンター

Facebookアプリセンター

日本語アプリ、有料アプリの掲載は現時点ではない

アプリセンターは、全てのFacebookアプリを掲載しているわけではなく、一定のユーザー数や評価を得ているアプリケーションを厳選して紹介することを目的としています。ですから、ここに掲載されているFacebookアプリは、全体から見ればごく一部かも知れませんが、ある程度のクォリティを確保しています。ただし、現時点(2012年6月8日)では日本のアプリケーションは見当たりませんでした。

また、FacebookとしてはアップルのiTuneやグーグルのGoogle Play(旧アンドロイドマーケット)のようなイメージで、有料アプリの提供を予定しているようですが、これも現時点では掲載されていないようでした。

音楽配信系など日本で利用できないアプリも

残念なのは、Spotify、iHeartRadio、Deezerなど音楽配信系のアプリの大半は日本では利用できないことです。つまり、Facebookアプリセンターには利用できる国が制限されているアプリもあります。紛らわしいのは、実際に利用しようとボタンをクリックするまで、日本で利用できるか、できないかわからない点です。

Facebook アプリセンターの使い方

Facebook アプリセンターの使い方は簡単です。興味のあるカテゴリーから面白そうなアプリを選択するだけです。

アプリはゲーム、エンターテイメント、Facebook、ライフスタイル、Music、News、写真と動画、Sports、Travel & Local、ユーティリティの10カテゴリーに分類されており、さらにウェブかモバイルかも選択することができます。

カテゴリーの中で、評価の高いアプリ(Top Rated)、おすすめ、トレンド(Trending)、友達が使っているアプリをタブで選択することができます。

Facebookアプリセンターカテゴリー

アプリの利用方法は、外部ウェブサイト、Facebookの中、モバイルの形態があります。

映画レビューアプリ「Rotten Tomatoes」の場合は、Facebookの外に独自のウェブサイトを持っているので「ウェブサイトへ移動」というボタンをクリックします。

映画アプリ

するとFacebookアカウントでログインした状態で映画レビューサービスを利用できます。

映画レビュー

Facebook公式アプリも掲載

iPhone、iPad、Android向けのFacebookモバイルアプリなどFacebook公式のアプリケーションは、左のナビから「Facebook」を選択することでチェックできます。

Facebook公式アプリ

人気のアプリはゲーム、音楽、写真・動画。これからの期待

Facebookアプリセンターには10のカテゴリーがありますが、人気のカテゴリーはゲーム、音楽、写真・動画になり、これらのカテゴリーの上位アプリは数百、数千万のユーザーがいます。

ただ、すでに記載させていただいたとおり、音楽配信アプリは日本で利用できないものが多く、ゲームに関しても英語のものが大半になります。現時点で、日本のユーザーにとって目新しい面白いアプリが、多く掲載されているかというと残念ながらそうでもありません。

まだ初日ですからしょうがないと思いますが、これから、アプリセンターに掲載されるアプリケーションが増え、日本語アプリも掲載されるようになると、日本人Facebookユーザーにとっても魅力的なポータルになると思います。

アプリセンターには黙っていても掲載されるわけではなく、掲載申請をする必要がありますので、日本のFacebookアプリ開発者の方はどしどしトライしてみましょう。

→ Facebookアプリ申請方法



関連記事

関連記事

関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方