タブページのエンゲージメントは53%下落

Facebookアプリを提供しているPageleverによると、Facebookページが新デザイン(タイムライン)に移行してから、タブページのエンゲージメントは53%も下落したそうです。タブページのエンゲージメントというのが、アクセス数なのかユーザー数なのか分からないのですが、とにかく、タブページが見られなくなったことは確かなようです。

ただ、Facebookページのタイムライン化によってトップページに表示されるタブページ数は3ページに減少しましたし、最初にタブページを表示する機能も排除されたので、タブページが見られなくなるのは必然ではあるのですが。

タブページを見る人は6%以下。週末はタブページも見る余裕があるよう

ただ、以下のチャートによると、タイムライン化以降、ビジット当たり0.06しかタブは見られないということのようですが、もともとせいぜい0.12しか見られていなかったようです。

また、このチャートから週末はちょっとタブページが見られていることが分かります。おそらく、週末はゆったりとウェブを見る時間があるので、普段はみないタブページもついついクリックしてしまうのでしょう。

緑色のところがタイムライン導入以前、黄色が導入開始期、ピンクが全面タイムライン化の期間となります。

タブ

(参考)
Facebook Tab Engagement Down 53% Since Timeline Launch



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方