Facebookの魅力は世界8億人のユーザー

Facebookの最大の魅力は世界中に8億人を超えるユーザーを抱える世界共通ソーシャル・プラットフォームであることです。Facebookによって、これまで以上に世界中の人々に情報を発信し、コミュニケーションをとることが容易になりました。

非公式データではありますが、ユーザー数が1,000万人を超えている国が20カ国もあり、北南米、ヨーロッパ、アジアと世界中で普及していることがわかります。(日本も先日、月刊ログインユーザー数が1,000万人を超えたことが発表されました

(2012年3月時点での過去3ヶ月の国別Facebookユーザー数)

Facebook国別ユーザー

Facebookで日本から世界に飛び出しましょう

拡大するFacebook人口の一方で、日本の人口はこれから急激に減少し世界でも類を見ない高齢社会へと突入していきます。いや、既に突入しています。

下のグラフは、日本の人口推移で水色が0~14歳(年少)、青色が15~64歳(生産年齢)、紫色が65歳(老年)人口になっています。一目で、日本の人口はこれから減少していき、65歳以上の高齢層の比率が増大していくのが分かると思います。

2010年のベストセラー「デフレの正体」でも書かれている通り、人口(特に生産人口)が減少する国、地域が経済発展することは難しく、これからの日本はますます海外、特にアジアへ進出することが幅広い職種で求められています。

日本の人口推移

日本には自動車、家電以外にも海外で受け入れられる可能性のある優れた商品、サービス、情報が沢山あります。Facebookを利用すれば中小企業だって、直接アジアの市場にアプローチすることができます。もちろん、簡単ではありませんし、広告などの経費を考えれば考えているほど安くもないかも知れません。また、「Facebookでらくらくビジネス拡大」という気は毛頭なく、ユーザー数の拡大にあわせて企業Facebook数も拡大していますから、むしろ非常に厳しいと思っています。さらに、アプローチと言っても、直接販売につながるのようなチャネルとしてのFacebook利用ではなく、市場調査の一環というレベルでしか活用できないかも知れません。

しかし、これまでよりは諸外国、特に日本企業が進出を狙う成長市場であるアジアの消費者にリーチするコストは、随分と下がっているのは確かだと思います。

Facebook上で、約130万人のファンを持つ日本のアパレルメーカ「satisfaction guaranteed」は多くの日本人にとって、それほど認知度の高いブランドではないかも知れません。しかし、戦略的にFacebookを活用することでアジアを中心に多くのファンを獲得し、一気にブランドを築くことに成功しているように見えます。

これから、確実にFacebookの広告コストは上昇し、Facebookを活用する企業・ブランドは増えていきます。Facebookでも先行者優位の原則はあるように思います。興味があれば、出来るだけ早く海外向けFacebookページを開設して損はないと思います。

日本発、海外向けFacebookを参考にしましょう。傾向は、ファッション、観光、アニメ

さて、”海外向けにFacebookページを開設しましょう”と言われても、なにから手をつければわからないかも知れません。そこで、参考になるように日本発の海外向けFacebookページをファン数順でランキング形式で紹介させていただきます。

残念ながら、それほど多くの事例はまだ見つけられていないのですが、今回紹介させていただくFacebookページは、ファッション、観光、アニメ(オタク)系のビジネスが多い傾向にあります。

ファッション系Facebookページ

海外向け日本発のファッション系Facebookページと言えば、真っ先にあたまに浮かぶのは約130万人のファンを持つ「satisfaction guaranteed」です。

satisfactionguranteed

既に、拠点をシンガポールに移し、アジア各国で積極的に展開を行なっており、先日はインドのムンバイでファッションショーを開催。多くのいいねを獲得しています。投稿もタイムラインの機能を効果的に利用することで、特に強調したイベントなどの投稿は大きく(一段組)で表示するなどの工夫をしています。

インドファッションショー

また、既に世界各国に店舗を展開しているユニクロも香港、韓国、シンガポール、タイ、マレーシア、フランス、イギリス、ロシア、アメリカ向けにFacebookページを開設しています。

ユニクロ

観光系Facebookページ

人口減少に伴い世界市場への進出が日本経済の発展に不可欠という話はしましたが、一方、海外から日本への観光客を呼び込むことも非常に重要となっています。例えば、フランスのような観光立国の場合、定住人口6,500万人に対して、観光客は7,400万人(2009年フランス政府観光局)と観光客のほうが定住人口を上回っており、観光収入がGDPの大きな部分を占めています。定住人口、つまり国民は税金も払ってくれますが、社会保障費、教育費など支出もかかります。一方、観光客は極端に言えば消費するだけです。要は、国として見た場合、観光客は経済効率が高いと言えます。さらに、単純な収支だけでなく、観光によって国際交流が進み、相互理解が深まることによる国益という側面もあります。

日本国内Facebookページとして、ファン数、エンゲージメント数ともに上位を争うANAとJALは、海外向けFacebookページでも健闘しています。

ANAはグローバル(英語)ページと、香港向けのFacebookページを開設し、グローバル向けページは約17万人ものファンを獲得しており、エンゲージメント率も高い水準となっています。

ANAグローバルページ

JALは台湾、香港に加えアジアというカテゴリーで海外向けFacebookページを展開。ファン数では最も多い台湾でも約5,300人とANAには及びませんが、こちらも機長の投稿などに290人ものいいねがついていたり、ファンとの交流は盛んに行われています。

JAL台湾

ANA、JALともに面白いのは、機長などの乗務員、地上スタッフなどの社員をメインに持ってくるという投稿のコンセプトは日本向けも海外向けも同じにしているところで、国内外問わず、高い反応を得ているようです。

面白いところでは、外国人向けマンスリーアパートメント「Sakura House」は英語とスペイン語のFacebookページを提供し、それぞれ4万人、2万9,000人ものファンを獲得しています。実態は分かりませんが、結構ビジネスにも貢献しているのではないでしょうか。

アニメ(オタク)系Facebookページ

海外で日本のアニメ、オタクが受け入れられていることは広く知られていますが、Facebookは世界のオタクを結びつけるコミュニケーション・ツールであることが、今回のランキングで証明されました。

今回、海外向けFacebookページを集計する前は、1位はsatisfaction guaranteedだろうと思っていたのですが、集計結果は、なんと東京発オタク文化ページ「Tokyo Otaku Mode」がsatisfaction guaranteedの3倍近いファンを獲得して、堂々の1位となりました。

他にも、AmiAmi Englishが50万人、Hatsune Mikuが46万人と多くのファンを集めて、活発に交流を行なっています。

Tokyo Otaku Mode

ここでご紹介した以外にも海外向けFacebookページを開設し、情報を発信しコミュニケーションをとっている日本企業・ブランド、団体は沢山あります。是非、以下のランキングで紹介させていただいたページを参照いただき、世界に発信していきましょう。

なお、Facebookを利用して海外向けに情報発信している企業・ブランドを紹介するという趣旨から、トヨタ自動車や、ソニーなどの自動車、家電といった海外進出の歴史が長い企業の海外Facebookページは意図的にランキングから外しています。

更新日:2016-09-17

1   Tokyo Otaku Mode
18,983,367
2   satisfaction guaranteed
4,659,238
3   Hatsune Miku
音楽家・ミュージシャン/バンド
2,521,738
4   7-ELEVEN
会社
2,376,035
5   AmiAmi English
小売・消費者商品
1,590,098
6   MUJI 無印良品生活研究所
プロダクト/サービス
1,202,164
7   All Nippon Airways
プロダクト/サービス
1,074,015
8   UNIQLO USA
衣料品
856,204
9   Uniqlo Taiwan
会社
702,493
10   台灣樂天市場
ウェブサイト
670,747
11   MUJI 無印良品
小売・消費者商品
619,641
12   日本旅遊活動 VISIT JAPAN NOW
政府機関
617,157
13   Kyary Pamyu Pamyu (Official FB for Fans)
著名人
517,729
14   Sakura Hotel & Cafe in Tokyo, JAPAN
ホテル
506,558
15   Samurai Art
プロダクト/サービス
472,135
16   MOS Burger 摩斯漢堡「癮迷」俱樂部
会社
460,544
17   Visit Japan International
政府機関
449,616
18   Uniqlo Malaysia
会社
447,539
19   The Official Shiseido (USA) Page
健康/美容
366,024
20   Wow Japan! Club Tourism
旅行/レジャー
332,112
21   Japanese Culture & Style
コミュニティ
302,778
22   Visit Japan HK
政府機関
260,242
23   Pikubo
プロダクト/サービス
216,741
24   SAKURA HOUSE in Tokyo Japan
不動産
199,823
25   XO JAPAN
不動産
151,099
26   香港吉野家 Yoshinoya Hong Kong
食品/飲料品
146,993
27   Loft Bangkok
プロダクト/サービス
137,582
28   Shiseido Taiwan
健康/美容
132,961
29   Shiseido France
健康/美容
119,564
30   Shiseido Italia
健康/美容
117,510
31   Pocky
食品/飲料品
113,325
32   Make a Mosaic Art Community
アプリ
112,620
33   Urban Research
小売・消費者商品
100,216
34   BIJIN&Co. / ビジンアンドカンパニー
インターネット/ソフトウェア
98,543
35   Uniqlo Russia
会社
98,111
36   Hokkaido
旅行/レジャー
86,538
37   Uniqlo UK
衣料品
86,465
38   AKB48オフィシャルショップ香港
アート/芸能・エンタメ/ナイトライフ
77,300
39   ANA.全球
アート/芸能・エンタメ/ナイトライフ
69,942
40   Shiseido Portugal
健康/美容
68,977
41   JAPAN AIRLINES TAIWAN
健康/美容
64,792
42   Majolica Majorca HK Official
健康/美容
59,191
43   日本達人 NihonTatsujin
健康/美容
58,030
44   ANA.Hong Kong
健康/美容
56,749
45   PREMIUM BANDAI Hong Kong
ゲーム/玩具
52,924
46   Shiseido Malaysia
健康/美容
45,625
47   Nissen Hong Kong
衣料品
40,740
48   eneloop Philippines
プロダクト/サービス
40,704
49   Jcrafts Japan
小売・消費者商品
37,745
50   NHK
ローカルビジネス
35,165
51   Tokyo Kawaii Fashion
衣料品
29,253
52   MUJI USA
会社
24,687
53   MUJI UK
家庭用品
24,567
54   Tsumori Chisato
衣料品
24,322
55   フルハウス
衣料品
23,404
56   Sakura House en español
不動産
23,108
57   Tombow USA
会社
21,112
58   JAPAN AIRLINES ASIA
会社
20,321
59   JAPAN AIRLINES HONG KONG
会社
20,171
60   Japanese Origami Yakimono
プロダクト/サービス
14,288
61   Hanshin Tigers (English)
スポーツチーム
11,103
62   Mizuno Athletics
小売・消費者商品
10,300
63   MUJI France
インテリア
8,609
64   Made in Japan for Your Life / Bring Japan
プロダクト/サービス
7,006
65   GREE International, Inc.
インターネット/ソフトウェア
3,131
66   고고씽홋카이도
ツアー/観光
911
67   Lawson Station Hawaii
ショッピング/小売り
861
68   VANQUISH EYEWEAR
プロダクト/サービス
424


関連記事





 

Comments are closed.