地味な話ですが、大事な話なのでリマインドです。
2011年10月1日からfacebookのキャンバスアプリおよびタブアプリはSSL対応が必須となります。

(参考) OAuth 2.0 and HTTPS Migration

”タブアプリを利用してないよ”と思っても、実は利用しているケースがありますので注意が必要です。
よくあるケースは、Welcomeページをカスタマイズしている場合です。Webcomeページは実はfacebook的にはタブアプリになります。

対応期日が迫っていますが、未対応なページが多く見受けられ、2011年9月28日時点で、多くのファンを集めている企業facebookページトップ20でも、4つのページが未対応でした。

確認方法

自分のページがSSLに対応しているかを確認する方法はとても簡単です。
自分のページのURLの最初をhttpsに変更してアクセスしてみて、以下のようなメッセージが表示されたら対応していません。

SSL非対応

ページ管理者の場合は以下のようなメッセージが表示されます。

管理者向けSSL対応画面

対応方法

対応方法は簡単です。
”セキュリティで保護されたURLを更新します。”ボタンを押すと、該当するアプリの設定画面が開きますので、SSL対応したURLを入力し保存するだけです。

SSL対応画面



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方