room-lead

Facebookが匿名ソーシャル・アプリRooms(ルームス)を発表しました。開発したのはイノベーティブなアプリを専門に開発している Facebook Creative Labsです。

ROOMS公式ブログ・リリース

特定のテームについて匿名で話すチャットアプリ

ROOMSは簡単に言うと特定のテーマ、例えばサッカーとかスマホとかについてチャットルームを作成し、そこで匿名で語りあうアプリです。

チャットルームの色やデザインはカスタマイズ可能で、ユーザーインターフェースはFacebookやInstagramのようにテキストだけでなく写真や動画も投稿できます。

Facebookが匿名アプリをリリースした背景にはSecretやWhisperといった匿名ソーシャルアプリが注目されている状況があります。Facebookは、これまでもLINEのスタンプをメッセンジャーに導入したり、SnapChatに対抗してSlingshotをリリースしたりと他のサービスの優位性をなくす戦略をとってきています。

1. iTunesからインストールします

2014年10月時点ではiOS版しかありません。しかもUSのストアからしかインストールできません。

Rooms – Create Something Together

iphone-rooms-02

2. アカウントを作成します

アカウントを作成するといってもIDもパスワードも登録しません。Facebookアプリ連携もありません。さすがに匿名アプリです。でも、実は後でConfirm Accountでeメール登録は行います。

iphone-rooms-03

3. 最初のチャットルームの案内状をスクリーンキャプチャーします

ROOMSのチャットルームに入るには案内状をスクリーンキャプチャーする必要があります。(なんだか、めんどくさいです。)最初のルームの案内状が出てくるのでスクリーンキャプチャーをとります。

iphone-rooms-04

4. チャットルームに入ります

Recommenedroomに入るといくつかチャットルームがあります。

iphone-rooms-08

バックパッカーのチャットルームに入ってみます。

iphone-rooms-13

他のユーザーが写真とコメントを投稿しています。

iphone-rooms-15

コメントを書いてみます。

iphone-rooms-17

ニックネームを書きます。

iphone-rooms-19

コメントに対していいねなどがあったら通知を受け取るかを決めます。

iphone-rooms-20

コメントが投稿されました。

iphone-rooms-22

自分で写真やコメントを投稿することもできます。

iphone-rooms-01



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方