iPhoneの受電時間を短くする方法に必殺の方法はありませんが、ちょっとしたヒントを紹介します。

iPhoneの電源を落として充電する

充電中に電力を消費しなければ充電の速度は速くなります。ですから、充電を急いでいる場合はiPhoneの電源を切って充電してください。
もし、電源を切れないということであれば機内モードにすると通信ネットワークを探しにいかなくなるので、消費電力が下がるので充電がすこし早くなるでしょう。

コンセントから充電しましょう

iPhoneの充電方法はコンセントから充電する方法と、USBでパソコンなどから充電する方法がありますが、コンセントから充電するほうが早く満タンになります。

涼しい場所に置いておきましょう

高温の場所においていると電池に影響がでます。アップルも「温度がバッテリーのパフォーマンスに最も影響を及ぼします。ですから、炎天下の下や高温の車の中にiPhoneを置くのは控えましょう(heat will degrade your battery’s performance the most” and advises that you “keep your iPhone out of the sun or a hot car (including the glove box).」と言っています。

iPhoneケースが温度に影響を与えるケースもありますので、素材などは少し気にしたほうがいいかもしれません。

iPhoneのバッテリーを考えると温度は22度くらいがいいようです。

パソコンからUSB接続でiPhoneを充電する場合は、ほかのUSB接続は控えて、パソコンがスタンバイモードなどにならないようにしましょう。

バッテリーメンテナンスをしましょう

iPhoneに限らずリチウム電池(バッテリー)でよく言われることですが、月に1度は100%まで充電しバッテリーを使い切り(放電)ましょう。

(参考)
How to Charge Your iPhone Faster



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方