2012年3月の発売が噂されているiPad3ですが、4G(LTE)を搭載するのではとウォール・ストリート・ジャーナルが報じています。

USでは日本よりもLTEネットワークの整備が遅れていることから、エリア外での通信が懸念されていますが、LTEネットワークがないエリアでは3Gで通信できるということですから、docomoのLTE(クロッシィ)搭載スマートフォンなどと同じになります。

また、記事ではLTEのスマートフォンはバッテリー消費が激しいことからLTEを採用した場合、どのようにしてiPad3が10時間、バッテリーをもたせるのかに興味があるとしています。LTEの採用によって、バッテリー時間が短くなることは想定外のようです。

他のスマートフォンメーカーはトレードオフ(通信速度とバッテリー)を行うだろうが、アップルは通信速度とバッテリー寿命どちらも向上させるだろうと信じているのでしょう。

まさに”ブランド”ですね。

また、Wi-Fiモデルも継続して販売するとの見通しのようです。

iPad3 LTE – 日本ではどうなるのでしょう?

iPad3では、SoftBankは次世代ネットワーク「SoftBank 4G」が利用できるようになるのかと思ったのですが、この投稿を見ていただいた方より、「SoftBank 4GはLTEとは違う技術になります」との情報をいただきました。さらにauのWiMAXもLTEではありません。

ということで、日本でiPad3に対応できるLTEを提供できるのはdocomoだけなのかも知れませんが、これまでの経緯を考えると、いきなりdocomoだけがiPad3 LTEを発売するということは考えにくいと思います。

さて、日本ではこれまでどおり3Gだけとなるのでしょうか、それとも思わぬ展開になるのでしょうか。いずれにせよ、次世代高速ネットワークでiPad3を利用したいものですね。

*iPad3 WiFiモデルをWiMAXやSoftBank 4Gで利用するのも手ですが。

気になるのは日本でのiPad3はどうなるのかですが、iPadを初代から販売しているSoftBankは次世代ネットワーク「SoftBank 4G」のモバイル・ルーターを2012年2月に発売予定にしています。もし、噂通りiPad3が3月に発売されれば、ちょうどSoftBank 4Gを利用できるということになるかも知れません。

また、もう1点気になるのはiPad3を他のキャリアもあつかうのかということです。ご存知の通り、iPhone4SはSoftBanに加え、auがキャリアとして加わりました。

果たしてiPad3ではauがiPhoneに続き、新たなキャリアに加わるのでしょうか。auはWiMax
という高速ネットワークを持っていますがiPad3が対応できるのでしょうか。

あくまで噂ですが、iPad3に4G(LTE)が搭載されれば、ますますiPadの魅力が増すことは間違いなさそうですね。

(参考)
Verizon, AT&T To Sell 4G iPad
The iPad 3 Will Have 4G [REPORT]



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方