ドコモのWiFiはスターバックスや地下鉄の駅、私鉄の駅など多くの場所で利用できます。iPhone5s/cはLTEでネットワーク接続できるわけですが、月7GBというデータ通信量量の制限があります。その制限に到達するとデータ通信速度が極端に遅くなりますので、避けたいところです。(なお、追加料金を支払うことでLTEを再び利用することはできます)

ドコモのWiFi接続で利用したインターネット接続は7GB制限のなかに含まれません。というわけでドコモのWiFiが利用できるのであれば利用するようにしましょう。

なお、ドコモのWiFi SSIDは「docomo」、「0000 docomo」、「0001 docomo」の3種類ありますが、「docomo(WEP)」は2013年11月1日で利用できなくなりますので、「0000 docomo」、「0001 docomo」(WPA2)を利用しましょう。

ここでの説明はiPhone docomo WiFi利用ガイド(PDF)に沿っています。

docomo WiFiプロフィールが設定されているかを確認する方法

ドコモのガイドによると「お客様のご購入先(ドコモショップ、docomo OnlineShopなど)、購入された時期によって「docomo WiFi利用設定が実施されている場合と、されていない場合があり、docomo WiFiご利用までの設定手順も異なります」ということのようです。

ドコモのiPhone5s/5cの場合プロファイルというものが設定されていれば、WiFiをオンにするだけで接続されるはずですので、まずはプロフィールが設定されているかを確認します。

1. ホーム画面から設定のアイコンをタップします
2. 設定の一般をタップします
3. プロファイルをタップします

ドコモWiFiプロフィール確認

プロフィールが設定されていれば、下の左の画面のように「docomo WiFi利用設定」という表示があります。

ドコモWiFiプロフィール確認

プロフィールが表示されたユーザーは駅やスタバでWiFiをオンにするだけで接続されます。

WiFi(プロフィール)を設定する方法

プロフィールが表示されなかったユーザーは以下の設定を行ってください。

1. ホーム画面からSafariを起動し下のブックマークをタップします
2. 「ドコモお客様サポート」をタップします
3. 右上の更新ボタンをタップします
4. SPモード利用設定をタップします

docomo wifi設定01

5. docomo Wi-Fi利用設定をタップします
6. 設定するをタップします
7. プロファイルのインストールをタップします
8. インストールをタップします

docomo wifi設定02

9. 右上の「完了」をタップします(パスコードを設定している場合、パスコードを入力します)
10. docomo WiFi利用設定は完了です

11. プロファイルを確認します
12. 設定からWiFiをタップしWiFiをオンにすると0001 docomoが利用できます

docomo wifi設定03

iPhone5s/5c用モバイルバッテリー

充電を忘れたり、外出先でバッテリーが切れた場合でも、iPhone5sの充電器を持っていれば安心です。

cheero Power Plusは、かわいいデザインですが、10400mAhと大容量のモバイルバッテリーで、iPhone5sのバッテリー容量が1560mAですから6回以上、フル充電できます。ただ、大容量ですから重量が258gとiPhone5sの倍程度ありますんでポケットにいれて持ち歩くというよりは鞄にいれることになると思います。
→ Amazonから46%オフのcheero Power Plusをチェックしてみてください。
小型のモバイルバッテリーがよいというかたはANKER Astro M1モバイルバッテリー を検討してみてはいかがでしょうか。
小型といっても5200mAhですからiPhone5sを3回充電できます。また、iPadやAndroidも充電可能です。
→ Amazonから69%オフのANKER Astro M1モバイルバッテリーをチェックしてみてください。

→ iPhone5S 使い方 初心者・入門編



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方