iPhoneのストレージの残りを確認して不要なファイルを削除する方法をご紹介します。

1. 設定の「一般」から「使用状況」を確認します。

ホーム画面の設定アイコン(歯車)をタップして一般を選び「使用状況」をタップします。
するとストレージの使用可能領域と使用中の領域が表示されます。iPhone5s 16GBの使用可能なストレージ領域って8.8GBしかないんですね。

 

2. 不要なファイルを削除する方法

ストレージの空き領域が少なくなってきて不要なファイルを削除したい場合は、アプリによってはこの画面からファイル削除を行えます。
例えば、もう見ないPodcastファイルを削除したい場合は、Podcastをタップします。

 

「編集」をタップすると左に表示される赤いアイコンをタップします。

 

不要なファイルの右側の「削除」をタップするとファイルが削除されストレージ容量に空きができます。

 

これで455MB使っていたPodcastのファイルが46.3MBになりました。

 

iPhone5s/5c用モバイルバッテリー

充電を忘れたり、外出先でバッテリーが切れた場合でも、iPhone5sの充電器を持っていれば安心です。

cheero Power Plusは、かわいいデザインですが、10400mAhと大容量のモバイルバッテリーで、iPhone5sのバッテリー容量が1560mAですから6回以上、フル充電できます。ただ、大容量ですから重量が258gとiPhone5sの倍程度ありますんでポケットにいれて持ち歩くというよりは鞄にいれることになると思います。
→ Amazonから46%オフのcheero Power Plusをチェックしてみてください。
小型のモバイルバッテリーがよいというかたはANKER Astro M1モバイルバッテリー を検討してみてはいかがでしょうか。
小型といっても5200mAhですからiPhone5sを3回充電できます。また、iPadやAndroidも充電可能です。
→ Amazonから69%オフのANKER Astro M1モバイルバッテリーをチェックしてみてください。

→ iPhone5S 使い方 初心者・入門編



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方