ドコモ、au、ソフトバンクすべてのキャリアでiPhone5s/5cは一か月のデータ通信量が7GBまでという制限があります。7GBを超えてもインターネットなどを見ることはできますが、データ通信速度が非常に遅くなります。

iPhone5sの魅力はLTEによる高速通信なので、ネットワーク速度が遅くなるのは避けたいところです。

ということで、iPhone 5sのデータ通信量をチェックして7GB制限に引っ掛かりそうかをチェックする方法をご紹介します。

*ここでご紹介するデータ通信量はLTEや3Gなどモバイルデータ通信のみのデータでWiFi接続によるデータ量は含まれません。

1. モバイルデータ通信をタップします

ホーム画面の設定をタップして、さらにモバイルデータ通信をタップします。

データ通信量01

2. データ通信量を確認します

これまでに使ったデータ通信量は「モバイルデータ通信の使用状況」で確認できます。
注意しないといけないのは期間です。iPhone5sのデータ通信量は、自動的に毎月リセットされるわけではなく手動で行わなければいけません。

例えば、現在の期間270MBと表示されていますが、現在の期間とは前回のリセット日時(2013年9月20日)からのデータ通信量になります。

つまり、毎月どれだけのデータ通信量を使用しているかを確認するためには1日に「統計情報のリセット」を実行する必要があります。

リセットをしないと、iPhone5sを購入してからの累計データ通信量になってしまいます。

データ通信量確認とリセット

iPhone5s/5c用モバイルバッテリー

充電を忘れたり、外出先でバッテリーが切れた場合でも、iPhone5sの充電器を持っていれば安心です。

cheero Power Plusは、かわいいデザインですが、10400mAhと大容量のモバイルバッテリーで、iPhone5sのバッテリー容量が1560mAですから6回以上、フル充電できます。ただ、大容量ですから重量が258gとiPhone5sの倍程度ありますんでポケットにいれて持ち歩くというよりは鞄にいれることになると思います。
→ Amazonから46%オフのcheero Power Plusをチェックしてみてください。
小型のモバイルバッテリーがよいというかたはANKER Astro M1モバイルバッテリー を検討してみてはいかがでしょうか。
小型といっても5200mAhですからiPhone5sを3回充電できます。また、iPadやAndroidも充電可能です。
→ Amazonから69%オフのANKER Astro M1モバイルバッテリーをチェックしてみてください。

→ iPhone5S 使い方 初心者・入門編



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方