iPhone5sにCDから音楽や英会話を入れる方法(インポート)をご紹介します。

iPhone5sにCDを取り込むにはパソコンからiTunes経由でインポートする必要があります。パソコンはMacbookでもWindowsでも大丈夫ですので、iTunesをインストールしていない方は、まず以下のリンクからiTunesをインストールしてください。

→ アップル公式サイト iTunesを今すぐダウンロード

また、音楽などをiPhonesに入れる方法はiTunes Storeからインターネットで購入する方法もあります。

まずはCDをパソコンに取り入れます。

1. iTunesを立ち上げてCDインポートをしましょう

iTunesを立ち上げてCDを挿入すると、自動的に以下のように曲目一覧が表示されますので、右上の「インポート」をクリックします。

CDを取り入れる01

2. インポートの設定をしましょう

インポートの設定確認がありますが、普通にiPhoneで音楽を楽しむにはデフォルトで大丈夫ですのでAACエンコーダのままでOKをクリックします。

CDを取り入れる02

3. CDインポート完了です

下の画面のようにすべての曲が緑になればCDの取り込みは完了です。だいたい1枚のCDを取り込むのにかかる時間は15分程度です。

CDを取り入れる03

4. iPhone5sにCDを転送します

次にiPhone5sをパソコンにUSBで接続して、CDを転送します。iPhone5sをつなぐと以下のような画面が出ると思いますので、まず「ミュージック」をクリックしてください。

パソコンに入っているCDや音楽をすべてiPhone5sに取り込みたい場合は、「ミュージックライブラリ全体」を選んでください。全部、入れるとiPhone5sの容量が足りなくなるなどの理由からアルバムやアーチスト単位で取り込みたい場合は、「選択したプレイリスト、アーティスト、アルバムおよびジャンル」を選択してください。

「選択したプレイリスト、アーティスト、アルバムおよびジャンル」を選択した場合は、さらにインポートしたいCDにチェックを付けてください。下の画像で言えば、アーチストで押尾コータローがチェックされています。

あとは、画面下の同期ボタンを押すだけです。

iTunes CDインポート

これでCDの取り込みは終了です。

ここからはインポートしたCDをiPhone5sで聞く方法をご紹介します。

1. ホームでミュージックをタップしアーティストを選びます

ホーム画面で右下のミュージックをタップしアーティストを選びます。プレイリストや曲、アルバムなどアーティスト以外でのカテゴリーでももちろん結構です。

ミュージック

2. 聴きたい曲をタップする

あとは聴きたい曲をタップするだけです。同じ曲を繰り返して聞きたい場合は「リピート」をアルバムの曲をランダムに聴きたい場合は「シャッフル」をタップしてください。

曲を聴く

iPhone5s/5c用モバイルバッテリー

充電を忘れたり、外出先でバッテリーが切れた場合でも、iPhone5sの充電器を持っていれば安心です。

cheero Power Plusは、かわいいデザインですが、10400mAhと大容量のモバイルバッテリーで、iPhone5sのバッテリー容量が1560mAですから6回以上、フル充電できます。ただ、大容量ですから重量が258gとiPhone5sの倍程度ありますんでポケットにいれて持ち歩くというよりは鞄にいれることになると思います。
→ Amazonから46%オフのcheero Power Plusをチェックしてみてください。
小型のモバイルバッテリーがよいというかたはANKER Astro M1モバイルバッテリー を検討してみてはいかがでしょうか。
小型といっても5200mAhですからiPhone5sを3回充電できます。また、iPadやAndroidも充電可能です。
→ Amazonから69%オフのANKER Astro M1モバイルバッテリーをチェックしてみてください。

→ iPhone5S 使い方 初心者・入門編



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方