iPhone5S 初期設定方法をご紹介します。なお、使用機種はau iPhone5Sです。初期設定は10分程度で完了します。

1. タップして初期設定を開始します

初期設定01

2. キーボードを選択します

入力方法の選択肢を決めます。絵文字は不要ということであればチェックを外しましょう。この後の、ほかの設定にも言えることですが、初期設定で決めた設定は後で変更可能です。

初期設定02

3. WiFiを選択します

接続したいWiFiネットワークを選択します。

WiFi設定

4. 位置情報サービスを設定してください

位置情報サービスをオンにするか、オフにするか選択してください。オフを選択すると確認のポップアップが表示されます。

位置情報サービス

5. バックアップからデータを復元するか選択してください

今までiPhoneを利用していたユーザーはiCloudやパソコン(iTunes)からデータを復元(引き継ぐ)ことができますので、いずれかを選択してください。初めてのiPhoneであったり、これまでのiPhoneからデータを引き継ぐ必要がないユーザーは「新しいiPhoneとして設定」をタップしてください。

バックアップから復元

6. Apple IDを入力してください

Apple IDをお持ちの方はご自分のApple IDを入力してください。持っていない方は、ここで新規に作成もできますがスキップすることもできます。Apple IDはApp Storeでアプリを購入したりiTunes Storeで音楽を買ったりするときに利用するIDになります。

「この手順をスキップ」をタップすると確認のポップアップが表示されます。

Apple ID

7. 利用規約を確認してください

利用規約を確認していただき問題なければ「同意する」をタップしてください。同意するをタップしても、ポップアップでもう一度聞かれますのでもう一度、タップしてください。

利用規約

8. Touch ID(指紋認証)を登録してください

Touch ID(指紋認証)を利用したい場合は、登録してください。なお、繰り返しになりますが、あとで登録することも可能です。
Touch IDを登録すれば、iPhone5Sを利用するときにパスコードを入力しなくてもあなたの指紋でユーザーを認識して立ち上がったり、App StoreでApple IDを入力しなくても購入できるようになります。

Touch ID

9. パスコードを登録してください

スリープモードなどから立ち上がる時に入力を求められるパスコード(暗証番号)を登録してください。パスコードを設定しておくと、盗難にあったり落としても利用される心配が少なくなりますので、できるだけ設定しましょう。設定しないと選択すると確認のポップアップが表示され再確認されます。

パスコードを作成

10. Siriを利用するか選択してください

Siriとは音声で天気などを質問すると答えてくれるサービスです。ドコモのしゃべってコンシェルジュのようなサービスになります。

Siri設定

11. iPhoneの情報をアップルに自動送信するか選択してください

iPhoneの情報、利用状況をにアップルに問題を自動的に送信するかを選択してください。

自動送信

12. これで初期設定は完了です

初期設定完了

iPhone5s/5c用モバイルバッテリー

充電を忘れたり、外出先でバッテリーが切れた場合でも、iPhone5sの充電器を持っていれば安心です。

cheero Power Plusは、かわいいデザインですが、10400mAhと大容量のモバイルバッテリーで、iPhone5sのバッテリー容量が1560mAですから6回以上、フル充電できます。ただ、大容量ですから重量が258gとiPhone5sの倍程度ありますんでポケットにいれて持ち歩くというよりは鞄にいれることになると思います。
→ Amazonから46%オフのcheero Power Plusをチェックしてみてください。
小型のモバイルバッテリーがよいというかたはANKER Astro M1モバイルバッテリー を検討してみてはいかがでしょうか。
小型といっても5200mAhですからiPhone5sを3回充電できます。また、iPadやAndroidも充電可能です。
→ Amazonから69%オフのANKER Astro M1モバイルバッテリーをチェックしてみてください。

→ iPhone5S 使い方 初心者・入門編



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方