iOSのアップデートはLTEや3Gといったモバイル通信ではできないためWiFiもしくはiTunes(パソコン)経由でアップデートを実行する必要があります。
ここではiTunes経由でiOSのアップデートをする方法をご紹介します。

1. iPhoneとパソコンをUSB接続します

iPhoneをパソコンと付属のUSBケーブルで接続します。すると以下のように新しいiOSのアップデートがあるので適応しますかという確認がでまので、「ダウンロードして更新」をクリックします。

確認のポップアップがでない場合は、iPhoneの概要から「更新」をクリックします。

2. 「更新」をクリックします

以下の確認がありますので「更新」をクリックします

3. iOSの更新内容が表示されるので「次へ」をクリックします

iPhoneとiTunes接続してiOSアップデート 更新内容

4. 利用条件を確認します

利用条件が表示されますので確認できたら「同意する」をクリックします

5. 更新が開始します

iTunesの上部の以下のような表示があれば更新は開始されています。

以下のようにキャリア設定の更新が利用できますと表示されたら「ダウロードして更新」をクリックします。

キャリア設定の更新がうまくいったら、以下のような「キャリア設定は正常に更新されました」というメッセージが表示されます。

6. 更新完了です

「お使いのiPhoneソフトウェアは最新です」と表示されれば、iOSのアップデートは完了です。

iPhone5s/5c用モバイルバッテリー

充電を忘れたり、外出先でバッテリーが切れた場合でも、iPhone5sの充電器を持っていれば安心です。

cheero Power Plusは、かわいいデザインですが、10400mAhと大容量のモバイルバッテリーで、iPhone5sのバッテリー容量が1560mAですから6回以上、フル充電できます。ただ、大容量ですから重量が258gとiPhone5sの倍程度ありますんでポケットにいれて持ち歩くというよりは鞄にいれることになると思います。
→ Amazonから46%オフのcheero Power Plusをチェックしてみてください。
小型のモバイルバッテリーがよいというかたはANKER Astro M1モバイルバッテリー を検討してみてはいかがでしょうか。
小型といっても5200mAhですからiPhone5sを3回充電できます。また、iPadやAndroidも充電可能です。
→ Amazonから69%オフのANKER Astro M1モバイルバッテリーをチェックしてみてください。

→ iPhone5S 使い方 初心者・入門編



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方