iPhone5Sでメール設定を行う方法をご紹介します。ここではグーグルのGmailをiPhone5Sに設定する例を紹介していますが、Yahoo!メールなども基本的に同じ方法で設定できます。

*説明の中で出てくる「タップ」とは指で画面をふれることです。パソコンでいうクリックと思ってください。

1. ホームで設定アイコンをタップしてください

ホーム画面にあるグレイの設定アイコンをタップしてください。

iPhone5sホーム

2. メール/連絡先/カレンダーをタップしてください

設定の一覧から「メール/連絡先/カレンダー」をタップしてください。

メール設定01

3. アカウントを追加をタップしてください

メール設定02

4. メール・サービスを選択してください

利用しているメール・サービスをiCould、Exchange、GMail、Yahooメール、AOLメール、Outlookから選んでタップしてください。ここに表示されている以外のメールサービスを利用している場合は、「その他」をタップしてください。

メール設定03

5. 名前、メールアドレス、パスワード、メールの説明文を入力してください

名前(送信元として受信者のメールボックスに表示される名前)、メールアドレス、パスワード、説明文(例:Gmailメールボックス01など、iPhone5Sには複数のメールアカウントを登録できますので、区別するためにも説明文を入力してください)を入力し「次へ」をタップしてください。

メール設定04

6. メール、連絡先、カレンダー、メモを設定し保存をタップしてください

メール設定05

これでメールアカウントの設定は完了です

iPhone5s/5c用モバイルバッテリー

充電を忘れたり、外出先でバッテリーが切れた場合でも、iPhone5sの充電器を持っていれば安心です。

cheero Power Plusは、かわいいデザインですが、10400mAhと大容量のモバイルバッテリーで、iPhone5sのバッテリー容量が1560mAですから6回以上、フル充電できます。ただ、大容量ですから重量が258gとiPhone5sの倍程度ありますんでポケットにいれて持ち歩くというよりは鞄にいれることになると思います。
→ Amazonから46%オフのcheero Power Plusをチェックしてみてください。
小型のモバイルバッテリーがよいというかたはANKER Astro M1モバイルバッテリー を検討してみてはいかがでしょうか。
小型といっても5200mAhですからiPhone5sを3回充電できます。また、iPadやAndroidも充電可能です。
→ Amazonから69%オフのANKER Astro M1モバイルバッテリーをチェックしてみてください。

→ iPhone5S 使い方 初心者・入門編



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方