意識していないユーザーも多いでしょうが、iPhone5S/5cは端末ごとに名前がついています。名前をつけた覚えがなくてもです。私のiPhone5S(au)の場合は”Taro YamadaのiPhone”というように、ローマ字の名前が設定されていました。

iPhoneの名前は自分だけしか見えないということはなく、テザリングなどしている時に、他人にも見えてしまいます。つまり、もし本名で登録している場合、スタバなどでテザリングをしていると、他の人に名前を知られてしまいます。

こんな感じで見えます。(”の”は文字化けしてますね)

名前が見える

名前を知られたからといってテザリング接続されてしまうなどの実害はないかもしれませんが、やはり気分がいいものではないでしょうから、一度チェックしてみて、必要であれば変更されてはどうでしょうか。

1. 設定アイコンをタップします

iPhone5sホーム

2. 一般をタップします

設定-一般

3. 情報をタップします

情報

4. 名前をタップします

名前

5. iPhoneの名前を入力してDoneをタップします

名前変更

これで完了です。

iPhone5s/5c用モバイルバッテリー

充電を忘れたり、外出先でバッテリーが切れた場合でも、iPhone5sの充電器を持っていれば安心です。

cheero Power Plusは、かわいいデザインですが、10400mAhと大容量のモバイルバッテリーで、iPhone5sのバッテリー容量が1560mAですから6回以上、フル充電できます。ただ、大容量ですから重量が258gとiPhone5sの倍程度ありますんでポケットにいれて持ち歩くというよりは鞄にいれることになると思います。
→ Amazonから46%オフのcheero Power Plusをチェックしてみてください。
小型のモバイルバッテリーがよいというかたはANKER Astro M1モバイルバッテリー を検討してみてはいかがでしょうか。
小型といっても5200mAhですからiPhone5sを3回充電できます。また、iPadやAndroidも充電可能です。
→ Amazonから69%オフのANKER Astro M1モバイルバッテリーをチェックしてみてください。

→ iPhone5S 使い方 初心者・入門編



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方