iPhoneはバッテリーが改善したという報道もありますが、それでもバッテリーの消費は抑えたいものです。そこで、バッテリーの減りを改善するための7つのヒントをご紹介します。

1. Air Dropをオフにしましょう

AirDropは周りの人や自分の機器の間でファイルなどを交換できる機能ですが、不要の場合がほとんどだとおもいますのでオフにしておきましょう。

画面の下をひっぱって以下のような画面を出して「AirDrop 受信しない」にしてください。

iphone7-battery-save-02

2. 自動ダウンロードをオフにしましょう

ミュージック、アプリ、本、アプリのアップデートなどの自動ダウンロードをオフにしましょう。また、一部のアップデートを有効にする場合でも、モバイルデータ通信はオフにしておいたほうがいいと思います。これがオンになっているとWiFi以外のネットワークでもダウンロードが行われてしまいます。

設定から「iTunes & App Store」をタップします。

iphone6-auto-download-02

自動ダウンロードをオフにします。

iphone6-auto-download-01

3. App バックグランド更新をオフにしましょう

アプリがバックグランドでデータ取得などを行う機能をオフにしましょう。また、バックグランド更新はアプリ単位で指定できますので、必要なアプリだけオンにすることも可能です。

設定の「一般」から「App バックグランド更新」をタップします。

iphone6-background-02

全てのアプリのバックグランド更新を停止する場合には一番上のボタンをオフ(白色)にします。

iphone6-background-03

個別アプリで指定したい場合は、アプリごとにオフにしていきます。

iphone6-background-01

4. 不要な通知をオフにしましょう

設定から「通知」をタップします。

iphone6-notification-02

「オフ」になっていないアプリが通知が有効になっています。不要な通知をタップしてオフにしましょう。

iphone7-battery-save-03

5. 画面の明るさ自動調整をオフにする

iPhoneは周りの明るさに応じて画面の明るさを自動調整する機能をもっていますが、バッテリーがピンチの時にはこれを手動にして暗くするとバッテリー消費は遅くなると思います。

設定の「画面表示と明るさ」をタップします。

iphone6-screen-auto-01

明るさの自動調整をオフにします。

iphone6-screen-auto-02

6. 視差効果を減らすをオンにしましょう

ダイナミック壁紙など様々な視覚エフェクトをまとめてオフにします。

設定で「一般」から「アクセシビリティ」をタップします。

iphone6-visual-04

視差効果を減らすをオンにします。

iphone6-visual-01

7. 壁紙をダイナミックではなく静止画にしましょう

デフォルトでは静止画になっているので多くのユーザーは大丈夫だと思いますが、ダイナミックを指定している場合、バッテリー消費を考えると静止画にしたほうがいいでしょう。

設定から「壁紙」を選びます。

iphone6-wallpaper-02

「壁紙を選択」を選びます。

iphone6-wallpaper-03

「静止画」を選びます。

iphone6-wallpaper-04

→ iPhone 8 初心者にもわかりやすい便利な使い方へ

iPhone8で使えるワイヤレス充電器

belkin Qi ワイヤレス充電パッド iPhone X / 8 / 8 Plus 対応 ワイヤレス 充電器



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方