これまでiPhoneは新型が発表されるたびにバッテリー容量が増加してきましたが、iPhone6sのバッテリー容量は1715 mAhとiPhone6の1810mAhより約5.3%少なくなっています。ただし、ディスプレイの消費電力などの低減などハードの性能の向上もあるでしょうから、この容量の差がそのまま実際のバッテリーの稼働時間に比例するかは別の話かもしれません。

→ iPhone6sの使い方 一覧へ



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方