iPhone6sでデフォルトに設定されているiOS9にiPhone6(iOS8)などからアップデートする際に最初に聞かれる初期設定の進め方を紹介します。

1. 初期設定を開始します

無事にアップデートが終了すると以下のような画面が表示されますので「続ける」をタップします。

iphone6s-ios9-update-initial-setting-01

2.位置情報サービスの設定を行う

位置情報サービスは地図や天気などのアプリで自分のいる場所の情報をもとに適切に表示するためのサービスです。必要に応じてオンかオフを選択してください。なお、位置情報サービスの設定は後からいつでも変更可能です。

iphone6s-ios9-update-initial-setting-02

とりあえず、今はオフにするという場合は以下のような確認ダイヤログがでますので、OKをタップしてください。

iphone6s-ios9-update-initial-setting-03

3.iCloudの設定(ログイン)をしてください

iPhoneの写真などのファイルを共有できたりするサービスiCloudを有効にするためにログインしてください。

なお、Dropboxやグーグルフォトで写真共有(バックアップ)をしているのでiCloudは使わないという場合はスキップしてください。スキップしようとすると以下のような確認ダイヤログが表示されます。

iphone6s-ios9-update-initial-setting-04

4.iPhoneを探す設定をしてください

iPhoneを探す機能を設定しておけば、iPhoneをなくした場合に遠隔地から場所を探したり、ロックしたりデータを消去したりできます。

iphone6s-ios9-update-initial-setting-05

5.iCloud Driveにアップデートするか選択してください

これまで使っていたiCloudをiOS9でも使い続けるにはアップデートする必要があるようです。

iphone6s-ios9-update-initial-setting-06

オフにする選択をした場合、以下のような確認ダイヤログが表示されますので、続けるをタップください

iphone6s-ios9-update-initial-setting-07

6.診断データを送信するかを選択ください

製品、サービスの品質改善のために自分のiPhoneのデータをアップルに送信してもいいという場合はAppleに送信を、送信したくない場合は送信しないをタップしてください。

iphone6s-ios9-update-initial-setting-08

7.これで初期設定は完了です

iphone6s-ios9-update-initial-setting-09

→ iPhone6sの使い方 一覧へ



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方