2015年9月25日に発売開始したiPhone6sのメディア、ユーザーのレビューをご紹介していきます。動作性能、カメラ、3D Touchなどに対する評判はどうなのでしょうか。

カメラ

iPhone6sではカメラの画素数が背面、フロントカメラともに向上するとともにフロントカメラでもフラッシュが出来るようになっているなどカメラ機能の向上が大きな目玉となっていますが、評判はどうでしょうか。

日経トレンディのレビュー記事ではiPhone6s、iPhone6に加え1インチデジカメSONYのRX100で撮影した写真を比較してiPhone6sの写真機能の向上を紹介しています。実はiPhone6sになって画素数を挙げたことにより逆に高感度(暗いところでの撮影)でノイズが目立つようになるのではいう懸念がささやかれていたのですが、特に変化はないようです。

「iPhone 6s」レビュー、新機能の追加と高画質化を図ったカメラ機能が圧巻

iPhone6sの新しいカメラ機能と言えば4K動画ですが、サンプル動画を見る限りやはりキレイですね。

フロントカメラはiPhone6sの画面をフラッシュとして使うRetina Flashという機能で明るく写真が撮影できるようになったのですが、GIZMODEのレポートによるとやはり室内など光が十分でない場所での撮影時に威力を発揮してくれるようです。

自撮りをさらに美しく。新機能「Retina Flash」の威力やいかに?

Retina Flashの動画

3D Touch

iPhone6sでは画面を押す強さで動作が変わる3D Touchという機能が搭載されていますが、ウェブサイトを見るときにリンク先を押し込むだけで見れたりとおおむね好評のようです。

Twitter上でみんながすごく便利そうとリツイートしている機能が文字入力の時にカーソルの場所を移動したり、選択範囲を指定できる機能です。

また、3D Touchによってクイックアクションという機能が利用できます。クイックアクションとはWindowsパソコンでいう右クリックのような感じでアプリケーションごとのメニューが表示されます。例えば、Safariのアイコンをグッと押すことでブックバークや新規タブなどのアクション・メニューが表示されます。まだこの機能を使えるアプリが限られてはいますが便利です。

iPhone 6sで新たに搭載された「3D Touch」はこうやって使うよレビュー

処理速度

iPhone6sには新型のA9プロセッサが搭載されていてCPU(計算速度)で70%、GPU(グラフィック処理速度)で90%向上したとアップルが発表しています。GIZMODEが実施した性能テスト(ベンチマーク)によるとiPhone 6s Plusは6 Plusに比べて約1.6倍の速度だったということです。

iPhone 6s Plusってどんだけ速い? ベンチマークで脅威の性能があきらかに

通信速度

ドコモ、au、ソフトバンクのiPhone6sの通信速度を大阪環状線の19駅で測定した結果、ドコモが最速の75.26Mbpsでauが33.45Mbps、ソフトバックが35.60Mbpsだったそうです。ドコモはiPhone6sに対応した下り最大262.5MbpsというPremium 4Gの威力が発揮された格好です。ただ、auとソフトバンクの35Mbpsでも十分な速度だと思います。

iPhone6s速度調査、ドコモ圧勝 PREMIUM 4G優位

動く壁紙

iPhone6sでは動く壁紙を選択することができます。ちょっと楽しそうです。

魚が動く、泳ぐ! iPhone 6sの動く壁紙を体験せよ

→ iPhone6sの使い方 一覧へ



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方