オバマ大統領

Facebookカバー写真には様々な制限(*)があり、事例がまだ少ないことからタイムライン化した日本企業・ブランドのカバー写真を見ても、ほとんどがテキストなしの画像のみの写真を利用しています。

*ディスカウント表記や、URL・連絡先などの記載、いいねを押してなどのアクションを促す表現などはNGとされています。詳しくは新Facebookページ 使い方・移行方法 -カバー写真、画像サイズ編をご覧ください。

そんな中、キャンペーン活動をカバー写真で告知している例を見つけました。

ソーシャルメディア活用の第一人者と言われるオバマ大統領のページです。

今年2012年は、言うまでもなくアメリカ大統領選挙の年で再選を目指すオバマ大統領は、これから白熱する選挙戦に向け3月末をマイルストーンにした資金調達(ファンドレイジング)活動を展開していました。

メインの資金調達活動として展開されていたのが、Dinner with Obama(オバマ大統領と夕食を)で3ドル寄付すれば、オバマ大統領とディナーを共にできるかもしれないというキャンペーンでした。

このカバー写真は、そのキャンペーンをばっちり告知しています。

みなさん、突然Facebookページが停止になるんじゃないかと恐る恐るカバー写真を利用している状況だと思いますが、オバマ大統領の例からここまではOKという基準が分かるかも知れませんね。

ただ、このカバー写真、本当はNGなんだけど、さすがのFacebookもオバマ大統領にNGは突きつけられなかっただけという可能性も大のような気もしますので、くれぐれもご注意ください。

ちなみに、現在(2012年4月12日現在)は、以下のようなテキストなしのカバー写真に変更されています。

オバマ大統領

みなさんは、カバー写真でのキャンペーン告知に関して、ここまではOKと思いますか?それともオバマ大統領だからOKだと思いますか?コメントにご意見お寄せ下さいね



関連記事





 

Comments are closed.

 

Facebookデータ
Twitterデータ
LINEデータ
無料アプリ
使い方