カバー写真の禁止事項

カバー写真で”いいね!”をお願いするのは違反

新しくなったFacebookページの魅力はなんといっても大きなカバー写真(ページ上部の大きな画像)です。
カバー写真を上手に活用することで、企業・ブランドのイメージを向上させることができますが、以下の行為は禁止されているので注意が必要です。

カバー写真に含んではいけないも文言(メッセージ)
A. 価格や購買情報。例えば、”40%引き”や”当社のウェブサイトでダウンロードください”など
B. コンタクト情報。例えば、”ウェブサイトのアドレス(URL)、eメールアドレス、郵便アドレスなど”
C. “いいね!”や”シェア”といったFacebook機能に関する言及や、それらの機能を矢印などで指し示すこと
D. アクションのお願い。例えば、”今すぐ入手”や”友達に伝えてください”など

また、カバーで偽り、ごまかし、誤解を与える表現は謹んでください。また、他人の知的財産を侵害してはいけません。

特に、Welcomeページの定番であったいいね!ボタンに矢印画像を書いて”いいね!を押してください”とお願いすることが禁止されてるのは、特に注意してください。

(正確な情報は原文を確認ください)Facebook公式ページガイド(PDFファイル)

カバー写真など画像のサイズ

これらのルールを守ることで、カバー写真以外にもプロフィール画像、ウォール内の画像などヴィジュアルに工夫することができます。一方で、画像サイズを意識しないと、一部が削除(見えない)されたり、思わぬ形でユーザーに見えてしまったりしかねません。

そこで、カバー写真以外にもタイムライン化した新しいFacebookページで利用できる画像(イメージ)のサイズを紹介させていただきますので、適切なサイズの画像を用意し、想定通りのFacebookページを作成しましょう。

画像種類 横(ピクセル) 縦(ピクセル)
カバー写真(Cover photo) 851 315
プロフィール画像(Profile picture) 180 180
アプリ画像(App image) 111 74
サムネイル(Thumbnail) 32 32
ウォール内画像(Images within wall posts) 404 404
ハイライト画像(Highlighted and milestone images) 843 403

 

Facebookページ画像サイズ

The Most Precise Measurements Of Timeline Page Images

新Facebookページ 使い方・移行方法 目次

  1. 新Facebookページ 使い方・移行方法 まとめ
  2. 新デザインをプレビューし、準備が出来れば切り替えましょう
  3. カバー写真などイメージを変更しましょう
  4. Facebookの自己紹介(基本データ)を書きましょう
  5. トップ掲載する写真、アプリを整理しましょう
  6. 大事な出来事を設定しましょう
  7. タイムラインをキレイにしましょう
  8. 管理者用パネル、メッセージ機能を活用しましょう
  9. (おまけ)Facebookページ公式SEOマニュアル – Social SEO




 

Comments are closed.